メディア個別 2人目はできれば男の子がいい!わが家のプチ産み分け体験談 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
2人目はできれば男の子がいい!わが家のプチ産み分け体験談 

2人目はできれば男の子がいい!わが家のプチ産み分け体験談
~ベビーカレンダー~

2回目の妊娠は残念ながら化学流産となってしまった私。2人目、そしてできれば男の子を希望していたこともあり、継続して婦人科に通院し、タイミング指導を受けることになりました。毎回エコーで確認し、アドバイスをもらい、的確なタイミングを指導していただいた結果、男の子を妊娠することができました。

妊娠時、元気であれば赤ちゃんの性別はどちらでも……と思いつつも、やはり気になり希望もあるものです。2人目妊娠のために通院して、タイミング指導を受けながらの産み分けにチャレンジした、わが家の体験談をご紹介します。

きっかけは化学流産のあとの通院で

長女が1歳を過ぎたころ、妊娠検査薬で陽性反応が出ました。しかし、長女のときと比べて、検査薬の判定部分の色が薄く、また日に日に薄くなっていくという不安な日々……。陽性反応を確認後、3日程度で生理より多めの出血がありました。


急いで婦人科に行き、エコーなどで調べてもらいましたが、残念ながら妊娠は確認できず、いわゆる化学流産となってしまったようでした。

タイミング指導を受けることに

気落ちする私に先生が「次の子を希望しているなら、しばらく継続して通院してみる?エコーで排卵日を確認するよ」と言ってくださり、継続して通院することに。週1回程度通院し、毎回エコーで確認してもらいました。


そして2回ほど通院したとき「男の子希望なら、今晩タイミングをとって」と指示が。その旨を夫に携帯でメール。激務の夫は日付が変わってから帰宅しましたが、なんとかタイミングをとることに成功しました。

産み分けにチャレンジしつつも……

結果を待つ2週間はドキドキでした。実は前回の化学流産は男の子を熱望したあまりの結果ではないか……と自分自身を責めていました。


「この際、ぜいたくは言わない。男女どちらでも授かれればうれしい」。産み分けにチャレンジしながらも、そんな気持ちでした。そしていよいよ妊娠判定。陽性でした!更に、タイミング指導が奏功し、男の子を授かりました。


私の場合は化学流産のあとということもあってか、タイミングの指導も保険適応で通院費はとても安かったです。毎回、エコーで診てもらえて、先生から的確なアドバイスをいただける安心感もありました。(TEXT:ママライター東慶子)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP