メディア個別 コーヒー、ジャスミンetc.性欲と食べ物に相関性はある? | 人には聞けない、性欲の悩み | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
コーヒー、ジャスミンetc.性欲と食べ物に相関性はある? 

コーヒー、ジャスミンetc.性欲と食べ物に相関性はある?
~人には聞けない、性欲の悩み~

「●●を食べるとなんだか性欲が強まる」。こういった精力増強や性欲アップにつながる食についてのうわさ話は昔から数多いものですが、本当に関係性はあるものなのでしょうか?

顔が大きい・鼻が大きい男性は性欲が強い説は…

そこで、今回は『みんなが知りたい男と女のカラダの秘密』や『マンガでわかるホルモンの働き』などの著書を持つ、サイエンスライターの野口哲典さんにお聞きしました。

「亜鉛はセックスミネラルとも言われ精子や男性ホルモンの生成にも関係しているものなので、亜鉛を多く含んでいる食材と多少は関係しているかもしれません。ただ、即効性はないでしょうね」(野口さん、以下同)

亜鉛が含まれている食材の代表格は「カキ(貝)」。その他、小麦はいがやパプリカ、ビーフジャーキーなどに多く含まれています。

その他では、男性の場合、赤みの肉やブロッコリーなどを食べることによって性欲が強くなったとする情報もネット上には散見されますが…。

「赤みの肉やブロッコリーを食べたからと言って、すぐに性欲の亢進になるとは思えません。ただし、男性ホルモンはコレステロールから作られます。コレステロールというと悪い印象しかありませんが、体にとっては重要な物質。要は悪玉コレステロールばかり摂取するような偏った食事ではなく、バランスの良い食事を心がけるということが重要なのです」

男性ホルモンを増やす食材としては、肉類、魚、卵、豆類などがあてはまるといえると野口さん。「赤みの肉も男性ホルモンの材料にはなっているはずですし、バランスの良い食事をするという意味ではブロッコリーも関係していることになります」と続けます。

いずれも即効性はないものの、男性らしさや女性らしさを支える上では、必要な栄養素がたくさん含まれている、ということなんですね。

性欲と関係性のありそうな外見的な特徴があるとすれば

その他ネット上では、コーヒーやジャスミンティーを飲むと性欲が強まるという意見も散見。こちらについては…?

「コーヒーに含まれるカフェインと性欲の関係については聞いたことがありません。私自身の経験でもカフェインで性欲が増したと実感したことはありません。ジャスミンについても、効いたことはありませんね」

野口さんいわく、性欲はその場の雰囲気や外からの視覚や聴覚、嗅覚などの五感で増すことの方が多いとのこと。そういった意味では、コーヒーやジャスミンティーからの匂いによって性欲が増す可能性はあるかもしれないものの、あくまでその場における総合的な雰囲気の方が重要だといいます。言われてみれば、確かに…。

特に男性は視覚的な刺激で性欲を強く感じ、女性は雰囲気や感情的な刺激、ちょっとした触れ合いなどで性欲が増す傾向にあるそうです。食べるものも大切ですが、食事をする環境や雰囲気作りの方が効果が高いのかもしれませんね。
(文・団子坂ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP