メディア個別 デンタルフロスと歯間ブラシ、どっちが効果的? | 注目のオーラルケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

デンタルフロスと歯間ブラシ、どっちが効果的?

第6回 注目のオーラルケア情報をまとめてチェック!
オーラルケアに欠かせない歯磨き。歯ブラシで歯を磨くだけではなく、いまやデンタルフロスや歯間ブラシを活用するのも当たり前になってきました。でも「2つの使い分けがいまいちわからない」そんな人のために使い方やそれぞれのメリットをご紹介します。

デンタルフロスと歯間ブラシどっちがいいの?

毎日の歯ブラシはもちろんですが、デンタルフロスや歯間ブラシを上手に併用できていますか? 歯ブラシだけでは歯の汚れは十分に落とすのは難しいといわれています。歯ブラシが届きにくい歯と歯の隙間などは、デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れを落とすのが効果的です。

では、デンタルフロスと歯間ブラシのどちらを選べばよいのでしょうか?

これは歯と歯の隙間によって選ぶものが変わってきます。歯と歯がくっついているように見える隙間が狭い箇所を磨くのにはデンタルフロスが適していますし、歯茎など根元の少し隙間が広いところであれば歯間ブラシがオススメでしょう。

自分に合ったサイズの歯間ブラシを使いましょう!

なかでも選ぶのが難しいのは歯間ブラシ。歯と歯の隙間は個人差があるため、細かいサイズにわかれています。どのサイズが自分にあっているのか、わかりにくいこともあるでしょう。もしかしたら、いま使っている歯間ブラシも適したサイズではない可能性があるかもしれません。

力を入れないと隙間に入らないようであれば、もう少し小さめのサイズに。反対にスルスルと簡単に入ってしまうのは、歯垢をかきだしにくくなり効果が薄くなるため、少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。歯間ブラシが入りにくいところには、デンタルフロスを併用するのもオススメです。もし歯間ブラシの適したサイズがわからない場合は、歯医者さんに相談してみるのもよいでしょう。

歯間ブラシを使用する際は、入れる向きにも注意が必要です。斜めから入れると入りにくく歯や歯肉を痛めることがあるので、ゆっくり水平に歯と歯の隙間に入れて動かしましょう。

慣れるまではなかなか使いにくいかもしれませんが、自分にあったデンタルフロスや歯間ブラシで、綺麗な歯を保ちましょう!

デンタルフロスと歯間ブラシ、どっちが効果的?

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・Yumi
文・Yumi
大手旅行会社や大手航空会社の広告運用、制作ディレクターを10年以上担当。現在は独立し、Webメディアを中心に活動。日々の生活で美容や健康に良いことを実践し、カラダの変化をたのしんでいる。
大手旅行会社や大手航空会社の広告運用、制作ディレクターを10年以上担当。現在は独立し、Webメディアを中心に活動。日々の生活で美容や健康に良いことを実践し、カラダの変化をたのしんでいる。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
マスクの内側も息さわやか! “自然の歯ブラシ”リンゴで口臭予防レシピ
お口が不潔だと太る?! 歯磨きでダイエット効果を発揮させる方法
オーラルケアで笑顔に自信がもてるように。歯ぐき下がりを防ごう!