メディア個別 南国のフルーツ「マンゴー」で内側から輝く美を手に入れよう! | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

南国のフルーツ「マンゴー」で内側から輝く美を手に入れよう!

第258回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
とろ〜り食感と濃厚な甘みが特徴的なマンゴー。コンビニでもマンゴーを使ったスイーツが販売されているため「普段からよく食べている!」という方もいることでしょう。マンゴーはただ美味しいだけでなく、様々な美容効果が期待できるフルーツなのです!

マンゴーに含まれる栄養素・美容効果は?

マンゴーはウルシ科マンゴー属に属する植物で、種類は1000種類以上存在します。日本で栽培されているものは「アップルマンゴー」という品種がほとんどだそう。マンゴーには、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。

■マンゴーに含まれる栄養素・期待できる美容効果
<β-カロテン>体内に入ると一部がビタミンAに変換されるそう。皮膚や粘膜の健康維持・免疫力の向上、美肌効果などが期待できます。

<ビタミンC>メラニンの生成を抑え、コラーゲンの生成を促進する働きがあり、美白効果や肌にハリや弾力を与える美肌効果が期待できます。

<ビタミンE>強い抗酸化作用があることから「若返りのビタミン」と呼ばれ、老化予防に効果的といわれています。血流を促進し、新陳代謝がアップすることで肌にハリを与えるなどの美肌効果も期待できます。

<カリウム>体内の余分なナトリウム(塩分)を排出しやすくする働きなどがあり、むくみの改善が期待できます。

<葉酸>胎児の発育に不可欠な葉酸。妊娠を望んでいる・妊娠初期の女性に大切な栄養素です。貧血予防の効果も期待できます。

南国のフルーツ「マンゴー」で内側から輝く美を手に入れよう!

簡単!マンゴープリンの作り方

マンゴーを丸ごと一個贅沢に使った手作りマンゴープリンのレシピです。お好みでベリーなどのフルーツやミントの葉をトッピングして召し上がってください。

■マンゴープリンの作り方
<材料>
・マンゴー 1個
・生クリーム 100cc
・グラニュー糖 大さじ2
・ゼラチンパウダー 5g

<作り方>
1. マンゴーは皮と種を取り除いたら適当な大きさにカットします。
2. ゼラチンパウダーを水でふやかしておきます。
3. ミキサーに1のマンゴーと生クリーム、グラニュー糖を加え、攪拌させます。
4. 鍋に3を入れ、沸騰直前まで木べらでよく混ぜながら加熱させましょう。
5. 4の鍋を火からおろし、2のゼラチンパウダーを入れて混ぜ合わせます。
6. 5を型に流し入れ、冷蔵庫に30分以上入れて冷やし固めて完成です。

栄養たっぷりの旬の果物「マンゴー」を食べて理想的な美肌をGETしましょう!

南国のフルーツ「マンゴー」で内側から輝く美を手に入れよう!

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・くるみ
文・くるみ
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

ピックアップ

ビタミン豊富! 秋の味覚「栗」に秘められた美容効果!
栄養満点! 秋バテ対策にもおすすめのレシピ「海老ニラ饅頭」の作り方
美容にストレスは大敵! イライラ軽減にセロリが効果的!
のどごしトロッ! 美肌にも嬉しい「麻婆なめこ豆腐」の作り方