メディア個別 【今すぐ確認して】インスタで自分の最終ログインがバレバレに!? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【今すぐ確認して】インスタで自分の最終ログインがバレバレに!?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

2017年10月には、日本国内だけでもアクティブユーザー数が2000万人に達したといわれている画像投稿型SNSのInstagram。ママのなかにも、日ごろからスマホで撮影した写真を投稿している人は多いのでは? でも、今使っているその設定だと、自分の情報が洩れてしまっている可能性があるんです。

【今すぐ確認して】インスタで自分の最終ログインがバレバレに!?
 

InstagramのDM画面で最終ログイン状況が表示される

洩れてしまっている可能性がある情報とは、「自分のInstagramのログイン状況」。これは先日追加された新機能の影響で、Instagramのダイレクトメッセージ画面に、ユーザーのアクティブ状況が表示されるもの。下の画像のように、ダイレクトメッセージをやり取りした相手のアイコンの右側に、何時間前にInstagramにログインしていたかが表示されるんです(ログイン中であれば「オンライン中」表記になります)。
Instagram画面
 
自分がいつInstagramを使っていたのか、バレてもまったく問題ないということであれば問題ありませんが、「なんだかちょっと不安」という人は、設定の見直しが必要。手順は「プロフィール画面」の「プロフィールを編集」ボタンの右にある「オプションボタン」をタップ。オプション画面に遷移したら、「アクティビティのステータスを表示」を「OFF」に変更。たったこれだけで、ダイレクトメッセージ画面にログイン状況が表示されなくなります。

以下、筆者の体験談になりますが、なぜ、このログイン状況を非表示にしたほうがいいかというと、人によっては、「なんでオンライン中なのにダイレクトメッセージの返信をくれないの?」と思われてしまうため。実際に筆者はそういうことを体験し「返信が遅い!」と怒られてしまったうちのひとり。

InstagramのようなSNSは、いろんな人たちとつながるツール。仮に友人たちだけとつながっていたとしても、わざわざ情報をフルオープンにする必要性はあまりないはず。であれば、念のために、ある程度はクローズドにしておくべきではないでしょうか。
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP