メディア個別 タイカ・ワイティティ監督、マイティ・ソー最新作は「とてもロマンチック」!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

タイカ・ワイティティ監督、マイティ・ソー最新作は「とてもロマンチック」!?

第1612回 海外スターの最新ニュース

タイカ・ワイティティ監督によると『ソー:ラブ・アンド・サンダー』はとてもロマンチックな作風になるそうだ。同マーベル映画最新作でメガホンを取るワイティティは、再登場するナタリー・ポートマンのキャラクターとクリス・ヘムズワース演じるソーの関係に進展があることを示唆している。

BBCに監督はこう話す。「信じられないような話であると同時にとてもロマンチックな作品になります。僕は今、とてもロマンスに興味があるんでね。ロマンスを描きたいんです。今までやったことや、注意を払ったことのないものを作りたいんです」

そんなワイティティは以前、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2022年に公開予定の同作に時間をかけられるようになったことが嬉しいと口にしていた。「この状況下で良いことがいくつかあります。1つは、映画というものは通常、時間に余裕がなく、自分が思うように脚本などに時間をかけられないものです」「でも私たちは今でも『ラブ・アンド・サンダー』の執筆活動をすることが出来ています。ひたすら書き続けることで、すごく良い脚本が生まれるでしょう」「執筆活動というのは特に、ストーリーをちゃんとしたかたちで書き上げるために出来るだけ時間をかけるべきなんです。後ではそのチャンスがありませんからね」「映画界というのは、常に時間のなさに不満が生まれるものです。でも今は、色々なことに時間をかける余裕があるわけですから、それを活用しない手はありません」

ピックアップ

毎日10:00更新!スキマ時間に、ためになる雑学クイズをチェック
キャメロン・ディアス、女優引退で安らぎを得る
カニエ・ウェストとキム・カーダシアン・ウェスト夫妻、政治の話はご法度の休暇へ
アリッサ・ミラノ、リバイバル版『フーズ・ザ・ボス?』出演へ