メディア個別 【弁当箱のパッキン】黒カビの対処法と予防策は? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【弁当箱のパッキン】黒カビの対処法と予防策は?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

毎日使う弁当箱は、汚れやニオイがつきやすいものですが、中でも厄介なのが、パッキンの黒カビ。毎日洗っていても、いつの間にか黒ずんでいたりするとかなりショック…。黒カビがついたままだと不衛生なのはもちろん、見た目にもよくないので、弁当箱のパッキンについた黒カビの対処法と予防策についてまとめます。

つけ置きと磨きできれいに

パッキンの表面にカビが付着しただけの段階なら、台所用漂白剤でつけ置きをするのが効果的なんだそう。50度くらいのお湯に漂白剤を入れ、洗って分解した弁当箱をつけ込みます。通常は数分でいいのですが、カビ除去の場合は、長めに30分くらいつけ込むのがよいそうです。つけ置きが終わったら、しっかり洗い流しましょう。

また、重曹をスポンジや歯ブラシに研磨剤代わりにつけて、パッキンを磨くのも効果的なようです。重曹がない場合は、数滴の水を含ませた粗塩でもOK! しっかり磨いて黒カビを落とすと◎。ただし、磨きすぎると、パッキンを傷つけてしまう可能性もあるので注意してください。
【弁当箱のパッキン】黒カビの対処法と予防策は?
 

根深い黒ずみは落ちない

付着したばかりの黒カビは、上記の方法で落とせるのですが、しばらく放置してしまったりして、パッキンに根を張ってしまった黒カビは残念ながら、完全に落とすのは難しいです。真っ黒なままのパッキンがついた弁当箱を使い続けるのは、ちょっと抵抗のある人が多いと思うので、買い換えてしまうのがベストかもしれません。

予防が肝心

初期段階であれば、落とすことのできる黒カビですが、弁当箱は食べるものに直接触れるため、不衛生な状態ができてしまうこと自体が問題。カビが生えないように日頃から予防することが大事です。黒カビ予防の方法は、面倒でも毎回弁当箱をしっかり分解し、パッキンを外して洗うこと。食べ終わったらなるべく早めに洗って、しっかり乾燥させることがカビを防ぐポイントだそうです。

面倒くさがって、弁当箱を放置してしまったり、しっかり洗わなかったりするとやってくる黒カビ。衛生的によくないのはもちろん、周囲から弁当箱洗いをずぼらにしていると思われてしまう可能性もあるので、きちんと対処しておきたいところ。どうしても面倒な人は、最近はパッキンのない弁当箱も増えているので、そういったものを選ぶのも有効かもしれません。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP