メディア個別 2月16日は寒天の日!赤ちゃんは寒天やゼリーをいつから食べられる? | ベビーカレンダー | ママテナ
2月16日は寒天の日!赤ちゃんは寒天やゼリーをいつから食べられる?

2月16日は寒天の日!赤ちゃんは寒天やゼリーをいつから食べられる?

2月16日は寒天の日。2005年のこの日に、「ためしてガッテン」(NHK)で寒天が取り上げられ、大ブームになったことを記念して制定されたのだそうです。そんな寒天を赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか?ちょっと見た目が似ているゼリーとの違いとあわせて、赤ちゃんが食べられる時期についてご紹介します。

2月16日は寒天の日。2005年のこの日に、「ためしてガッテン」(NHK)で寒天が取り上げられ、大ブームになったことを記念して制定されたのだそうです。


そんな寒天を赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか?ちょっと見た目が似ているゼリーとの違いとあわせて、赤ちゃんが食べられる時期についてご紹介します。

そもそも、ゼリーと寒天の違いって何?

ゼリーや寒天のお菓子は、どちらも水分を固めたゼリー状のものです。見た目は似ていますが、実は原料がまったく異なります。ゼリーは、ゼラチンを使ったお菓子です。ゼラチンは動物の骨や皮に含まれている動物性のたんぱく質が原料です。口の中で自然に溶けるので、なめらかな食感に仕上がります。


一方、寒天はテングサやオゴノリなどの海藻から作られている植物性の食品。口の中で自然に溶けないので、ゼリーよりも弾力のある食感に仕上がるのが特徴です。

赤ちゃんのアレルギーが心配なら、まず寒天から!

寒天やゼラチンのような食感の食べ物は、生後9カ月ごろから食べることができます。ただし食物アレルギーの原因は、食べ物に含まれているたんぱく質です。たんぱく質が含まれ食品は、どんな食品もアレルギーを引き起こす可能性があります。


とくにゼラチンは、動物性のたんぱく質からできています。赤ちゃんのアレルギーが心配な人は、まず原料が海藻からできている寒天から使うようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

「なぁ…共有しよーぜ?」世のママたちに伝えたい、パパの切ない主張【パパあるある】
「ごめんなさいって言いなさい!」子どもに謝らせることは絶対に必要?
温泉旅行で生理2日目!失敗できない夜を救ってくれた神アイテムとは?
【しまむら】高見え間違いナシ!上品レース編みニットが驚きの1,089円!