メディア個別 『マイティ・ソー』最新作、来年上旬にもオーストラリアで撮影開始? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

『マイティ・ソー』最新作、来年上旬にもオーストラリアで撮影開始?

第1616回 海外スターの最新ニュース

ナタリー・ポートマンが、人気シリーズ最新作『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』の撮影が、来年上旬にオーストラリアで撮影開始されることを明かした。クリス・ヘムズワースがタイトルロールを演じる同人気マーベル作でジェーン役を続投するナタリーが新作の詳細について明かした。

テニス選手セリーナ・ウィリアムズとのインスタライブ対談の中で、ナタリーは同作が2022年2月11日の公開に向けて年明けにもクランクインすると明かしている。ナタリーはセリーナにこう説明している。「彼女がマイティ・ソーになるの。原作コミックには女性版ソーがいて、ジェーンがソーになる。彼女がマイティ・ソーなのよ」

さらには役作りとして体を鍛えようとしているそうで、「まだ始まってはいないけどね。鍛える時間はまだあるってこと。まだ始めてもいないから。カーボローディングはしてるけど、エクササイズに関してはまだ」「すごく楽しみ。来年の頭にオーストラリアで撮影するの」「たぶんだけど。パンデミック下ではすべてが普通とは違うから。どうなるかは分からない。でも、予定としては全員が行く予定」「この映画のために私が筋肉をつけられるのかは興味深いわ」と続けた。

ナタリーは2011年の『マイティ・ソー』、2013年の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』には出演していたものの、2017年の第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』には出演していなかった。

一方で、先日監督を務めるタイカ・ワイティティは、新作ではソーとジェーンの関係に進展があると示唆していた。

「信じられないような話であると同時にとてもロマンチックな作品になります。僕は今、とてもロマンスに興味があるんでね。ロマンスを描きたいんです。今までやったことや、注意を払ったことのないものを作りたいんです」と監督は話している。

ピックアップ

毎日10:00更新!スキマ時間に、ためになる雑学クイズをチェック
ケイティ・ペリー、冠番組への悪評が続くエレン・デジェネレスを擁護
クリス・ヘムズワース、サメ被害を扱ったドキュメンタリーに出演へ
ジョーイ・キング、『マリアビートル』映画化作出演へ