メディア個別 【AKB48G】神7で一番好きだったメンバーランキング | gooランキング | ママテナ
【AKB48G】神7で一番好きだったメンバーランキング

【AKB48G】神7で一番好きだったメンバーランキング

2005年12月に東京・秋葉原の“AKB48劇場”で初公演を行って以来、人気アイドルグループとして姉妹グループ合わせ成長を続けるAKB48グループ。2018年まで10年間開催された「AKB48選抜総選挙」は、テレビ中継されるほど注目を集め、その中でも上位7位以内にランク・インしたメンバーは“神7”と呼ばれました。そこで今回は、歴代神7の中で一番好きだったメンバーについて探ってみました。

1位 大島優子
2位 渡辺麻友
3位 指原莉乃
4位以降のランキング結果はこちら!



1位は「大島優子」!


2期生としてAKB48に加入し、チームKのキャプテンとしてグループ内外問わず長年活躍してきた大島優子。選抜総選挙第一回から第五回までは常に1位か2位にランク・インし、特に第一回から第三回の総選挙で繰り広げられた前田敦子との頂上決戦は今もなお語り継がれる名勝負となりました。第二回選抜総選挙で1位に輝き、初のセンターを務めた『ヘビーローテーション』は2011年度、2012年度のオリコン年間カラオケチャートで2年連続1位を獲得するほど愛されています。
AKB48卒業後は女優として活動を開始し、数々の映画やテレビドラマに出演。今年は、2017年に放送され話題になった『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)のドラマスペシャルや映画『生きちゃった』の公開を控えており、さらなる活躍が期待できそうです。

2位は「渡辺麻友」!


3期生としてAKB48に加入し、チームBのメンバーとしてデビューした渡辺麻友。“まゆゆ”の愛称で親しまれ、AKB48の中でも清純派アイドルとして多くのファンに愛されてきました。第一回選抜総選挙から常に5位以内に入るトップクラスの人気を誇り、第六回選抜総選挙では悲願の1位を獲得。“アイドルサイボーグ”とも呼ばれる完璧なルックスや立ち居振る舞いは、多くのファンをとりこにしました。
AKB48卒業後は女優として舞台やテレビドラマで活躍。2019年度前期に放送されたNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演した際には、アイドル時代のイメージと異なる眼鏡を掛けたおっとりとした役柄を好演。「きれいになった」「美しい」とSNSで話題になりました。そんな女優としての成長が期待されていた矢先、2020年6月に芸能界引退を発表。神7では初めての引退となりました。

関連記事:

ピックアップ

顔面が最強すぎる二世タレントランキング
一番おいしい!東京のお土産ランキング
今も最高に美しいトレンディー女優ランキング
一番笑ったギャグアニメランキング