メディア個別 クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』の編集に苦戦? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』の編集に苦戦?

第1673回 海外スターの最新ニュース

クリストファー・ノーラン監督は、新作『TENET テネット』の編集作業が困難になるであろうと見込んでいたという。待望の新作が日本で9月18日公開を控える中、その複雑な内容から、これまで参加した中でも最も編集が難しい作品の1つになるであろうと、担当のジェニファー・レイムに説明していたようだ。

ICG誌とのインタビューでノーランはこう話す。「ジェニファー・レイムと初仕事が出来たことはとても嬉しかった。彼女が来た初日、編集者にとってこの映画はカットが最高に難しい映画かもしれないと冗談交じりに言ったんだけど、今彼女がそれに異議を唱えることはないかも」「様々な方向で時間が進んでいく様子を描くってことは、紙面に書かれている以上のことを考える必要がある。ビジュアルで上手く描き出すことにかかっているから」

そんな困難な作業をするにあたり、レイムを起用したのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『マリッジ・ストーリー』での仕事ぶりを目にしたからだと監督は続ける。「僕にとっては、雇用の決断は、してもらいたいことへの関連性というより、その人物の過去の作品を見ることなんだ」「その人物の長所と判断力に焦点を当てる。ミーティングにおいては、共通のクリエイティブな表現があるかを見出す。今回はまさにそうだった」

そしてレイムも、ジョン・デヴィッド・ワシントンやロバート・パティンソンが出演する同新作の、キャラクター中心でストーリーが展開するところが気に入ったと話している。

ピックアップ

『ゴシップガール』のジェシカ・ゾア、第1子を妊娠
ジェームズ・ガン、ジョン・シナ主演の『ザ・スーサイド・スクワッド』スピンオフドラマで監督へ
ライアン・ゴズリング、デヴィッド・リーチ監督新作でまたスタントマン役!
マーク・ウォールバーグ、学校にマスク130万枚を寄付