メディア個別 ウィル・スミス、ドラマ版『ベルエアのフレッシュプリンス』を制作へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ウィル・スミス、ドラマ版『ベルエアのフレッシュプリンス』を制作へ

第1675回 海外スターの最新ニュース

ウィル・スミス(51)が、90年代に人気を博した主演コメディ『ベルエアのフレッシュプリンス』をもとにした本格ドラマを制作する。自身のウェストブルック・スタジオとユニバーサルTVがタッグを組んで制作する同リブート作は、撮影技師モーガン・クーパーが昨年公開して話題となった、同シットコムを『ベルエア』というダークなドラマに仕上げた設定のトレーラーからインスピレーションを得ているという。

そのトレーラーを非常に気に入ったウィルは、クーパーや、製作総指揮兼ショーランナーにクリス・コリンズを迎え入れ同ドラマを実現することにしたそうだ。

『ベルエア』では、オリジナル版のシットコムでは描き切れなかった争いごとや感情を深く掘り下げるような内容となっており、ウィル・スミスという主人公が家庭で問題を起こしたことで、ベルエアに住む叔父と一緒に暮らし始める姿が描かれるという。

昨年そのトレーラーを目にしたウィルは、公の場でその新たな方向性を称えていたが、その後今回の企画についてクーパーと話し合う場を持ったそうだ。

インタビューの中でクーパーは「『ベルエア』は再想像したものです。この素晴らしい物語を再解釈し、2019年の現代の暮らしに持ってきたわけです」と話した一方、ウィルは「各エピソードは面白かったけど、当時出来ない一つの層があったんだ。1時間ドラマでは、8エピソードを通して物語を展開できる。これらのアイディアのドラマ版では現存のストーリーラインを使いながらも、エピソードをただ再現しているようにはならない。ドラマ的視点から描いた真新しいストーリーラインだからね」と続けた。

ピックアップ

M・ナイト・シャマラン、最新作のタイトルは『オールド』
マンダ・サイフリッド、第2子を出産
ウィロー・スミス、夫婦の危機を切り抜けた両親は「誇り」
故チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラーのギャラを自己負担していた