メディア個別 他の避妊法より失敗率は高いのに日本がコンドーム偏重である背景 | 夫婦ホンネの保健体育 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
他の避妊法より失敗率は高いのに日本がコンドーム偏重である背景 

他の避妊法より失敗率は高いのに日本がコンドーム偏重である背景
~夫婦ホンネの保健体育~

厚生労働省の発表した「平成28年度衛生行政報告例の概況」によると、人工中絶件数及び実施率の年次推移は、平成28年度で16万8015件。平成24年度は19万6639件、平成26年度は18万1905件となっており、毎年件数は減少傾向にあるようです。

中絶数が減っていること自体は、とても良いこと。避妊実行率や避妊の確実性が高まったことも奏功しているのでしょうが、産婦人科医で一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会・会長の早乙女智子さんは、日本の避妊意識にはまだまだ問題が多いといいます

コンドームの避妊失敗率は他の避妊法に比べ高い

「避妊はまず確実であるべきですが、コンドームの避妊効果は(他の避妊法に比べて)ひとケタ劣ります」(早乙女智子さん、以下同)

日本の主流な避妊法はコンドームですが、アメリカの財団「Contraceptive Technology」が調査・発表した「使用開始1年間の失敗率」を他の避妊法と比べると、コンドームは他の避妊法に比べ、避妊の失敗率がとても高いことがわかります。

例えば、正しく使用し続けていたにもかかわらず妊娠してしまった場合の失敗率を比較すると、

IUS(子宮内システム) 0.2%
IUD(子宮内避妊用具) 0.6%
OC(低用量経口避妊薬、または低用量ピル) 0.3%
コンドーム 2.0%
リズム法 0.4~0.5%
避妊手術 0.5%(女性の場合)

IUSなどの避妊法に比べると、コンドームは10倍失敗率が高いということがわかります。

次に、使用していたものの、経口避妊薬なら飲み忘れる、コンドームなら破れるなど、何らかの失敗が起きてしまう使い方の場合を見比べると、以下の通り。

IUS(子宮内システム) 0.2%
IUD(子宮内避妊用具) 0.8%
OC(低用量経口避妊薬、または低用量ピル)9.0%
コンドーム 18.0%
リズム法 24.0%
避妊手術 0.5%(女性の場合)

この場合、IUSに比べて120倍失敗率は高いということがわかります。どんな避妊法にも100%確実という効果はあり得ないものの、コンドームは数ある避妊法のなかでも、失敗率が高いのです。

避妊法を選ぶということは人生を選ぶということ

国連が発表した「世界の避妊法2017」によると、日本は「男性のコンドーム」が40.7%と、他の選択肢に比べて圧倒的に高く、次点「膣外射精」11.8%、「リズム法」3.4%と続きます。

避妊における「男性のコンドーム」の使用率について、他国を見てみると、フランスは7.0%、アメリカは9.4%、イギリスは27.0%と…、世界と比べても日本は圧倒的にコンドームによる避妊法が多いことがわかります。なぜ日本では、失敗率の高いコンドームによる避妊が、メジャーなままなのでしょうか。

「背景には、日本では避妊に関して女性が主導権を取るべきではなく、男性に責任を取らせるべきだ、という考え方があるように思います。しかし、妊娠する女性も自分の体に責任を取らなくて、他人に取らせることはできません。結婚しようが、夫の収入で暮らそうが、それは責任を取ったことにはなりません。妊娠・出産でキャリアや生活に支障をきたすことに関して、たとえ夫であっても責任など取れるはずはないのです」

もちろん、コンドームがもっとも身近に購入できる避妊具であることも、日本のコンドーム利用率の高さに影響しているでしょう。しかし、問題の根には女性の人生やキャリアに対する軽視があり、女性も男性に依存的で生き方への主体性が薄い点があるのではないかと、早乙女さんは指摘します。

「例えば、コンドームを使用していたにも関わらず、世界大会に出場すれば金メダル間違いなしといわれて何年間も練習を続けてきた選手をうっかり妊娠させ、大会に出場できなかった場合。中絶費用を払おうと、出産させて一生面倒を見ようとも、女性選手が得られるかもしれなかった成績やキャリアを得ることはできず、そんなことでは責任を取れない、というのがわかりやすいでしょうか。それほどのことではない、というなら女性の人生はそれほどのものではない、と考えていることに他なりません」

女性が自らできる避妊法として、ピルの服用が上げられますが、前述国連調査によると、日本の利用率はわずか数パーセント。

「ピルが広まらないのは、ピルそのものではなく『ピルを使う女性』への偏見に他なりません。認可から間もない頃、副効用として月経困難症の改善があり、そのために使用する女性もいました。それでも、休憩室などでうっかりピルを飲んでいると言おうものなら、『遊んでいるらしいよ』というウワサが立って困った、という体験談も聞いたことがあります。自分の体なのに、親や彼氏に了解をとる女性もいました」

妊娠や出産が、その後の人生にどんな影響をもたらすのか。「女性が輝く日本」を目指すためには、社会全体が女性の人生やキャリアについて、見つめなおす必要もありそうです。
(文・団子坂ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP