メディア個別 キアヌ・リーブス、『マトリックス』最新作のコロナ対策を絶賛 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

キアヌ・リーブス、『マトリックス』最新作のコロナ対策を絶賛

第1694回 海外スターの最新ニュース

キアヌ・リーブスが『マトリックス』第4弾の撮影現場における予防対策を称賛した。新型コロナウイルス感染拡大による中断を経て、最近撮影を再開した同人気シリーズ最新作で主人公のネオ役を続投しているキアヌは、製作側が撮影のリズムを崩さずに、予防対策を実施していることに感心しているようだ。

スカイニュースのインタビューでキアヌはこう話す。「とても考え抜かれた、効果的な手順が取り入れられている」「それでいて、撮影におけるリズムが崩されたり、影響が出ることもないようになっているんだ」「みんなこの作品が大好きだ。何か解決しなければいけない状況になり『どうしようか』と考えるのは、ショービズ業界の人が一番得意だ」「『ショーにしよう!』という精神になる。それは間違いなく『マトリックス』にもしっかりと残っている」

そんなキアヌは以前、シリーズ復帰の決め手となったのは、ラナ・ウォシャウスキーによる「美しい脚本」だったと明かしていた。出演の決め手が何だったのか尋ねられた際キアヌは、「ラナ・ウォシャウスキーが美しい脚本を書いたんだ。自分も共感できる素晴らしいストーリーをね」「それが理由だよ。また彼女と仕事が出来ることは最高だ。すごく特別なものになっている。このストーリーはとても意味ある内容だと思うし、得られることがある」と語っていた。

キャリー=アン・モスやジェイダ・ピンケット・スミスも続投が決定している新作は、前作『マトリックス レボリューションズ』からおよそ19年ぶりとなる2022年の公開が予定されている。

ピックアップ

M・ナイト・シャマラン、最新作のタイトルは『オールド』
マンダ・サイフリッド、第2子を出産
ウィロー・スミス、夫婦の危機を切り抜けた両親は「誇り」
故チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラーのギャラを自己負担していた