メディア個別 もしもいじめにあったら…知っておくべき6の心得 | ママテナ的まとめピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママ友からのネット攻撃、5%が標的に 

もしもいじめにあったら…知っておくべき6の心得
~ママテナ的まとめピックアップ~

大変残念なことに、いつの時代も、どこの環境でも多かれ少なかれいじめの話は耳にします。

日本人の国民性か? それとも、日本の風土や気質がもたらすものなのか? もしも、あなたやあなたの子どもがいじめにあったら、その時どうふるまうのが正解なのか? 様々な識者の意見を参考に、いざという時の知識を身につけましょう。

その1 妻による夫いじめに解決の余地はあるのか

愛していた夫に対して愛情が薄れるばかりか、憎さが勝り、いじめてしまうという妻もいるそうです。いったいどうしてこういった夫婦の構造になってしまうのか、そこには、夫が妻のフラストレーションに向き合っていない可能性もあるそうです。

▼続きはコチラ▼
悲惨! 妻による「夫いじめ」の実態とは

その2 いじめられやすい人にも特徴がある

いい人で人あたりもいいのに、なぜかいじめのターゲットになりやすいという人は存在するもの。いったい、いじめにあいやすい人とそうでない人は何が違うのか、その違いを心理カウンセラーの那賀まきさんにお聞きしました。

▼続きはコチラ▼
【心理カウンセラー監修】職場でいじめられやすい大人の特徴とは?

その3 もしも職場でいじめにあったらやってはいけないこと

もしもわが子がいじめにあったら、親はどういった行動を起こすべきなのか? 心理カウンセラーの那賀まきさんが教えてくれた、「わが子が職場でいじめにあった際」の対処法は、学校に通う子どもにも役立つものがあります。

▼続きはコチラ▼
わが子が職場で“陰湿ないじめ”に遭ったら…●●するのは絶対にNG!

その4 そもそもいじめられにくい子どもにすることはできるもの?

親としては、できれば我が子にはいじめの被害にあわずに、まっすぐとすくすく育ってほしいもの。ならば、いじめられにくい子どもに育てることはできるもの? 心理カウンセラーの那賀まきさんは、親がすべき5カ条を教えてくれました。

▼続きはコチラ▼
わが子を【いじめられない子】に!今すぐ親がするべき5箇条 とは?

その5 我が子がいじめにあったら頑張れはNG

もしもわが子がいじめにあったとしても、頑張れというのはNG。嫌なことを嫌と言えない状況に陥っている子どもに頑張れというと、苦しい環境に身を置き続けてしまうことになるからです。

▼続きはコチラ▼
【いじめ】で頑張れは逆効果!子どもの安全・安心が最優先な理由

その6 親には何でもする覚悟が必要

もしもわが子がいじめられたら、親に必要なのは、子を守るために何でもする覚悟だと心理カウンセラーの椎名あつ子さんは話します。椎名さんは、いじめが解決しなかった場合の思考法についてもhなしてくれました。

▼続きはコチラ▼
子のいじめ被害に、どう立ち向かう?
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP