メディア個別 増やしたい!年齢とともに変化する「女性ホルモン」の整え方5選 | 【人気記事】カラダメンテまとめ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

増やしたい!年齢とともに変化する「女性ホルモン」の整え方5選

第17回 【人気記事】カラダメンテまとめ
1日1つ、あなたのカラダを思いやるワンポイントアドバイスをお届けしている「日めくりカラダメンテ」。過去に配信した記事から、「女性ホルモン」に沿った記事をピックアップしました。

1. 40代くらいから低下していく!?

「エストロゲン」の分泌低下により、食欲のコントロールが乱れがちになることで太りやすくなります。対策は女性ホルモンの低下をカバーする食材を摂ること。

≫アラフォーからは女性ホルモンのサポート食材を(2019年07月31日)

2. 美と若さをキープするには?

簡単なのが土踏まずにゴルフボールを当ててゴロゴロ転がすこと。テレビを見ながらできるから毎日続けて。

≫土踏まずを刺激して女性ホルモンを全身に!(2020年03月26日)

3. 卵巣の新陳代謝をスムーズに!

アボカド、ナッツ類、赤ピーマン、うなぎなど。積極的に摂ることで、女性ホルモンの分泌をサポートしてくれます。

≫「ビタミンE」を摂って女性ホルモンをアップ!(2020年05月29日)

4. 「大豆イソフラボン」は強い味方

「女性ホルモン」は、女性の美と健康に深い関係があります。分泌量が減少すると、新陳代謝が落ちて太りやすくなり、お腹まわりに脂肪がつきやすくなるのです。

≫大豆製品をとって女性ホルモンの働きをサポート(2018年08月02日)

5. 「ピンク色」で美しくなれる?

ピンク色には女性ホルモンを活性化させて、代謝をアップする効果があるのだとか。ピンクの服はちょっとという人は、ピンクの小物を身につけたり、部屋ににピンク色のものを置いて。

≫ピンク色を利用して、女性ホルモンを活性化しよう(2016年05月07日)

最新のカラダメンテの記事はこちらから。
≫日めくりカラダメンテバックナンバー
毎日読んで、身体の中から美しく!

ピックアップ

毎日健康に過ごしたい!「胃腸」をいたわる生活5選
みなさん知ってますか?「きのこ」を食べると得すること5選
これって危険な兆候!? 知っておくべき「頭痛」の対処法5選
要注意!「季節の変わり目」に気をつけるべきこと5選