メディア個別 ロバート・パティンソンのバットマン衣装、最も重要な改良点とは!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ロバート・パティンソンのバットマン衣装、最も重要な改良点とは!?

第1715回 海外スターの最新ニュース

ロバート・パティンソンのバットマンコスチュームは、着用時にも用が足せるよう、改良を施してあるようだ。『TENET テネット』の日本公開も9月18日に控えるロバートは新作バットマン映画でタイトルロールを演じているが、過去にその役を演じたクリスチャン・ベールがベン・アフレックに引き継いだ際と同様のアドバイスを基に、そのバットスーツは着用時でも簡単にトイレに行けるようになっているという。

マット・リーヴス監督はDCファンドームでこう明かす。「ロバートがクリスチャン・ベールと話した中で、最も重要だったことの1つは、『とにかく用が足せるようにしておくこと』ということだった。だから、それをちゃんと衣装に取り入れる中で重要だったんだ」「着られることはもちろん、人間として必要なことが出来るようにするってこともね」

一方、2021年公開予定の新作では、バットマンことブルース・ウェインが世界屈指の探偵となっていく姿を描く。

リーヴスは「これはオリジンを描く作品ではない。初期のバットマンを見ることになる」「今回の作品で最も必要なことは、これまでの作品ではバットマンが恐怖に立ち向かい地位を確立させることが描かれてた。それはバットマンとしての状態であり、すでにある種、最高の段階にある」「今回やろうとしていることは、まさに同じような形でありながら、彼が世界最高の探偵になるまでの初期の歴史を語ることになる」「こういったことはこれまでの作品でも触れられてきたけど、今回のバットマン作ほど中心になってはいなかったと思う。だから、そうした多くのことが完全に異なることを願っている」と続けた。

ピックアップ

ガブリエル・ユニオン、全黒人キャストの『フレンズ』朗読会を開催
批判が集まっていた『エレンの部屋』が再開
『セックス・アンド・ザ・シティ』のキム・キャトラル、投票のためにアメリカ市民権を申請
ザック・ブラフ、エミー賞追悼コーナーからニック・コルデオが「意図的」に除外されたと批判