メディア個別 秋はアート三昧! タダでアートが楽しめる立川で3,000円旅 | おひとりさま週末3000円旅 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

秋はアート三昧! タダでアートが楽しめる立川で3,000円旅

第15回 おひとりさま週末3000円旅
街中でアート鑑賞ができる
芸術の秋にちなみ、「アート鑑賞をする3,000円旅をしたい!」と思い立った筆者。しかし、美術館や美術展って結構お金がかかりますよね。そこで、どうにかお金をかけないでアート鑑賞をする方法はないかと調べたところ、公共の場所に展示されているパブリックアート、というものがあることが判明。これならタダで見られそう! さらに、東京・立川駅周辺にはたくさんのパブリックアートがあるらしい……。さっそく行ってきました。

■立川に到着! 雨の中のアート探索を開始

やってきたのはJR立川駅北口。あいにくの雨ですが、パブリックアートをじゃんじゃん探すぞ!
画像提供/ファーレ立川アート管理委員会
「ファーレ立川アート」は、36カ国92人のアーティストによる、109点のパブリックアートとで、米軍基地跡地の再開発によって1994年に誕生しました。ファーレ立川エリアの目印はこちらのフラッグ。
駅周辺の公共の施設でフリーのマップが配られています。
伊藤誠(日本)/タイトルなし
まず出会ったのはこちら。デパート横の陰になったスペースに、ポップなイエローの作品というコントラストが面白い! 
伊藤誠(日本)/タイトルなし
近くには同じアーティストの作品がありました。
長澤伸穂(日本)/トンボヒコーキのメッセージ
お次に見つけたのは、街路樹の根元にあるこの装飾。何気ないところにもアートがあってびっくり!

トンボが少しずつ飛行機に変化している形を作ったもので、幼い頃この地域に住んでいたアーティスト・長澤伸穂さんの立川での記憶の中にあったトンボと、日本初の飛行場があったことを表現しています。
サンデー・ジャック・アクパン(ナイジェリア)/タイトルなし 
こちらはナイジェリア出身のアーティストの作品。ナイジェリアの14人の首長を表現した像は、鮮やかな衣装が美しい!
ニキ・ド・サンファル(フランス)/会話
こちらの作品はベンチになっていて、座ってOK。このようにベンチや換気口、車止めといった、街の機能を持った作品があるのもファーレ立川アートの特徴です。
左上・タン・ダ・ウ(シンガポール)/最後の買い物 右上・藤原吉志子(日本)/ウサギとカメ 左下・西 雅秋(日本)/遡洄する大木 右下・依田久仁夫+エステル・アルバルダネ(日本/スペイン)/タイトルなし
ほかにもたくさんの作品を見つけました。今回撮影した以外にもたくさんの作品があるので、皆さんもぜひ探してみて。

■アート探しの休憩に立川まんがぱーくでまったり

雨の中のアート探しにちょっぴり疲れた筆者。まったり、ダラダラしたい!
そこで伺ったのが、「立川まんがぱーく」。取材を口実にマンガが読みたかったわけではなく、マンガも日本を代表するアートだからですよ! 約4万冊のコミック、約2,000冊の絵本が、入館料400円(税込)で読み放題の施設です。もともと立川市役所だった建物の中にあります。
ずらりと書棚が並ぶ館内。利用者は子どもが多いかと思っていましたが、大人もたくさん! 平日は大人が多く、土日は子どもが増えるそう。
ベンチのほかに広い畳のスペースが。家のようにゴロゴロくつろげそう。
押入れのような個室もあります。どの個室も埋まっていたので、人気があるみたい。
新刊はもちろん、懐かしのマンガもラインナップされていて迷ってしまいます。
館内では自由に飲食可能。カレーやラーメンなどの食事からコーヒーやジュースなどが揃います。なんとカレーは230円(税込)から! 子どもがお小遣いで買えるよう、リーズナブルにしているのだとか。

筆者がチョイスしたのは、生絞りオレンジジュース250円(税込)。2玉分のオレンジを注文ごとに絞った、フレッシュな一杯です。

■立川まんがぱーく
住所  :東京都立川錦町3-2-26 立川市子ども未来センター2F
電話  :042-529-8682(立川市子ども未来センター総合受付)
営業時間:【平日】10:00〜19:00
【土日祝】10:00〜20:00
定休日 :無休
入館料 :大人400円、小人200円

■工芸カフェでアート作りに触れる

マンガとジュースですっかり元気になったので、次の目的地に向かいます。
やってきたのは「工芸カフェ ReaLence」。アート鑑賞でものづくり欲が湧いてきた人にぴったりなスポットです。
焼き物や漆器などのさまざまな作品が並ぶこちらのカフェは、ハーバリウムや鉛筆画、苔玉作りなどさまざまアートのワークショップを実施。それぞれ実施日が異なるので、スケジュールはお店のサイトをチェックしてください。
シルバーリングを作る彫金と機織りは随時予約を受け付けています。ちなみに彫金体験にはカップルのお客さんがたくさん来るそうで、お互いにリングを作り合う人たちが多いのだとか! ステキですね〜。うらやましいっ!
筆者は、彫金リングのオーダー体験950円(税別)〜をすることにしました。こちらは、サイズやデザインの好みに合わせて、その場でシルバーリングを作ってくれるプラン。作っている様子が目の前で見られます。
作ってもらっている間は、ワッフルとコーヒーのセット600円(税込)で一息。外が寒かったので、温かい甘い食べ物がうれしい。
コーヒーは、挽きたてのオリジナルブレンドの豆をサイフォンで入れています。使っているカップはこちらに作品を置いている作家さんが作ったもので、好きなものを選んで淹れてもらえます。カフェだけの利用ももちろんOK。
コーヒータイムを楽しんでいる間に指輪が完成しました。華奢なデザインでとってもかわいい! オーダーということはもちろん、ひとつひとつの作業を丁寧に行う様子を見ていたので、でき上がりを見ると感動します。今度は自分でリングを作る彫金体験に、ぜひチャレンジしたいな。

■工芸カフェ ReaLence
住所  :東京都立川柴崎町3-8-10 2F
電話  :042-595- 7577
営業時間:11:00〜19:00(フードLO18:30、ドリンクLO18:45)
定休日 :月曜
以上で今回の3,000円旅は終了! アート鑑賞が無料でできたから、予算に余裕を持って楽しめてラッキーでした。街の一部として機能しているパブリックアートだから、美術館で見るよりも間近で堪能できるのが面白いですよね。この秋は、アートな街・立川へ、ぜひ旅に出かけてみて。

(河島まりあ+アリシー編集部)

※店舗・施設の情報は2018年9月現在のものです。お伺いの際には、直接お問い合わせをお願いいたします
河島まりあ
河島まりあ
雑誌やフリーペーパー、ムック、 書籍、ウェブなどで編集や執筆を行う、フリーランスの編集者・ライター。ビール、そば、硬いパン、オリーブ、アイスが好き。料理が嫌い。趣味なし、特技なしなのが悩み。
雑誌やフリーペーパー、ムック、 書籍、ウェブなどで編集や執筆を行う、フリーランスの編集者・ライター。ビール、そば、硬いパン、オリーブ、アイスが好き。料理が嫌い。趣味なし、特技なしなのが悩み。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ