メディア個別 上司とエレベーターに乗る際の立ち位置は? | いまさら聞けない! 大人のマナークイズ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

上司とエレベーターに乗る際の立ち位置は?

第1回 いまさら聞けない! 大人のマナークイズ
「そういえば知らない……今更聞けない、恥ずかしい……!」
エレベーター内は応接室やタクシーの中と同じように、上座・下座が決まっています。上司と一緒にエレベーターに乗る際、自分から乗り込むのが普通ですが、そのまま上座に立つ、なんて失礼なことがあってはいけません。

Q.さて、上司とエレベーターに乗り込んだら。正しい立ち位置はどこ?

【1】操作盤の前

【2】操作盤の後ろ

【3】上司の斜め後ろ





正解は……

【1】の「操作盤の前」

エレベーターに乗る時は、入って一番奥の右側(入る時から見ると左奥)が最上位の上座となります。それに対して部下の自分は、積極的に操作盤の前に立ち、扉の開閉ボタン操作を買って出るのがベスト。道を歩く際に上司の前を行くのはマナー違反ですが、エレベーターの場合は前に出るのが正解です。

ちなみにエレベーター内に操作盤が2つある場合は、左側(乗り込む時は右側)の操作盤が末席となります。どちらも空いていたら、左側の操作盤の前に立ちましょう。
さて、あなたは正解できましたか?
「不覚にも間違えてしまった……」という方は、正しいマナーをしっかり覚えておきましょう。

アラサー女子としては、「きちんとビジネスマナーを身につけている、品格のある大人の女性」を目指していきたいところ。この機会に、ビジネスマナーを学び直してみるのもいいかもしれません。

(アリシー編集部)
アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ