メディア個別 缶詰界の万能選手「サバ缶」のご飯がススム楽うまレシピ3選 | 愛しのサバ缶。 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

缶詰界の万能選手「サバ缶」のご飯がススム楽うまレシピ3選

第3回 愛しのサバ缶。
料理のアレンジ無限大!
今をきらめく缶詰界の注目株といえば、サバ缶! 昔からスーパーに並ぶ重鎮でありながらも、最近は健康に良い、おいしい、安いと人気が高まっていますよね。この3拍子に加えて料理のアレンジが無限大と聞けば、売れ切れが続出するのも納得です。

今回はそんなサバ缶のおすすめレシピをまとめてみました。どれも簡単で絶品! いつもの晩ごはんに仲間入りすること間違いなしですよ。

■作り置きにも便利な「お手軽サバそぼろ」

炒めるだけの「サバそぼろ」は常備菜にぴったり。そぼろご飯にはもちろん、サバトースト、サバチャーハンにもアレンジ可能な万能レシピです。材料はサバ缶と生姜、調味料があれば完成するので、冷蔵庫に何にもない時にも助かります。

■ニラがたっぷり!味付サバ缶で「キムチスープ」

韓国風の味付けでもおいしく食べれるのがサバ缶のポテンシャル! 材料を入れて煮るだけで、サバのうまみが楽しめるスープのできあがり。ニラがたっぷり、サバがごろっと入って、しっかり“おかず”になってくれるのもうれしいですね。

■丸ごとポンで完成する洋風サバ缶鍋

洋風アレンジのサバ缶鍋は、スープまで飲み干してしまいたくなる鉄板レシピ。サバ缶を丸ごとポンで作れて超ズボラなのに、手の込んだ味わいに仕上がります。トマトベースでチーズやバジルがあい、臭みもないので青魚が苦手な人もいけちゃうかもしれませんね。
他にも、炒め物やちょっとしたおつまみ、カレーにまで変身するサバ缶は、コンビニでもスーパーでも買えて、100円前後。きっと自炊に迷える私たちの救世主になってくれるはずです。今度、多めに買い置きしておこうかな。
アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ