メディア個別 猫が同僚になったら……!? 清水めりぃさんの猫マンガでモフモフする | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

猫が同僚になったら……!? 清水めりぃさんの猫マンガでモフモフする

舌をしまい忘れる会社員!
ある日起きたら猫になっていた!? そんなびっくりストーリーがTwitterで話題の「ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話」。
猫になっても出社する偉いモフ田くん。ブラックだった会社をホワイトにすることに成功! 
社長のお嬢さんだけでなく、強面の上司もモフ田くんの魅力にメロメロ。出向のスコさんもどうやら猫のよう。うちの会社にも猫社員が現れないかなぁ……なんて思ってしまいますよね。猫愛溢れる作品の作者・清水めりぃさん(@zatta_shimizu)にお話を伺いました。

■溢れる猫愛

――清水さんのプロフィールを教えてください。
「本業は東京で働く会社員で、絵を描いたり、デザインやアニメーションを作ったりと、いろんな仕事をしています。子供の時からずっと猫と過ごしていて、今は三毛猫のりんちゃんと、ノルウェージャンフォレストのめめちゃんと暮らしています。ちなみに私のペンネームの『めりぃ』は先代を含めた3匹の愛猫の名前から1文字ずつ貰ったものです」

――モフ田くんはどんな時に生まれたキャラクターでしょうか?
「趣味で思いついた猫マンガを自由に描いているのですが、カラフルなマンガが描きたくなってモフ田くんのマンガを描きました。灰色や白灰色の猫にずっと憧れていたので、そこからモフ田くんが生まれました。話の内容は社畜が猫になったらどう変化していくかなと、ペンが走るままに描いてできあがったマンガが『ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話』でした。」

――お気に入りの作品はどれですか?また、評判の大きかった作品はどれでしょうか?
「一番お気に入りの話は実は単行本の書き下ろしに入っています。私が間違って1ページ余分に描いてしまったんですが、その余分な1ページが実はお気に入りでどうしても入れたくて、担当さんにも『できれば入れたい』って相談しました。

反響が大きかったのは遠野さんがカツアゲされているのをモフ田くんが助ける回でした。「私も壁モフされたい」というお声がありました。あとカツアゲしてたタッちゃんが人気でしたね。タッちゃんは私もまだ掘り下げたいと思っているので、またいつかどこかで出してあげたいな~と考えています」
――助けた女性こと遠野さんは実はモフ田くんの会社の社長のお嬢さん。つまり後にモフ田くんのお嫁さんになる方だったのでしたよね。ところで、清水さんがマンガを描かれるようになったのはナゼでしょうか? 
「元々、猫マンガではない創作活動をいろいろしていたのですが、2018年の春ぐらいに行き詰まってしまいまして。もうマンガや絵を描くのをすっぱり辞めるかどうしようか悩んでいた時に、以前エイプリルフールで『私のアカウントが愛猫(三毛猫のりん)に乗っ取られた』って嘘をついたことを思い出したんです。

『りんのこと三毛猫だと思ってたでしょ? 実はりんは白猫で、毎日模様を塗ってもらってるの』と猫のりんになりきってツイートしたんです。これをマンガにしてみようと思って、描き始めたのが『猫塗り屋』というマンガです。それから猫マンガを描くようになりました」
りんちゃんかわいい♪ 続きは清水さんのTwitterで読めますよ。また、その他の猫マンガもたくさんアップされています! 


――Twitterで公開するようになって変わったことはありますか? 
「趣味で描き始めたのに、僅かな期間で出版社の方から声がかかり、単行本が出ることになりました。本当に本になるのか、本にできるほど描けるのか、不安すぎて変な悪夢を見たりも。『猫になって人生が変わった話』を書いたら、私の人生が変わりました(笑)。それに猫愛が全然とどまるところを知らず、猫マンガを200ページ以上描いてもまだ描き足りなくて、自分の猫好きさにとても驚いています。

同僚や友人たちにも知ってもらえて、嬉しいやら恥ずかしいやらありがたいやら。マンガを読んで下さった方々が『この話好き』『感動した』等と言ってくれるのを見ると本当に嬉しく思いますし、以前に増して毎日が楽しいと思えるようになりました」

実は2月15日に「ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話 モフ田くんの場合」(KADOKAWA刊)が発売されたばかり。先輩や同僚との会社での日々がたっぷりと読めますよ。

■モフ田くんの秘密

――マンガを描くのはどんな時が多いですか? 
「描くのは会社が休みの土日祝日と仕事が終わった後の夜間ですね。話を思いつくのは通勤で歩いている時や同僚と話している時、眠る直前が多いです。あとは私の失敗談や猫に関する実体験を元にしたり、こんな出来事が起こって欲しいという理想を元にしていたり……。連想ゲームみたいに考えていたりすると、ポンッて話を思いつきます」
――会社員だけどやっぱり猫なモフ田くん(笑)。猫飼いさんならうなずける“猫あるある”ですね。そんなモフ田くんの秘密を教えていただけませんか?
「実はモフ田くんには妹がいます。モフ田くんのあの落ち着きっぷりはお兄ちゃんかな~と思っています。でも妹も苗字がモフ田になるので出せないままです(笑)」

――妹は人なのか猫なのか、とっても気になります! このエピソードが登場するのを楽しみにしていますね。今後の活動の予定はありますか?
「竹書房さんの『まんがライフオリジナル』4月号にお邪魔させていただくことになっています。3月号でも予告が載っているので、良かったらチェックしてもらえると嬉しいです。こちらでももちろん猫が出てきます」

――最後に読者へのメッセージをお願いします。
「この記事や私の作品を見てくれている皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。そして、まだ私の作品を見たことがないという方は是非一度Twitterやpixivで見てもらえると嬉しいです。お好きな猫が一匹でも見つかればいいなと思っています。単行本も描き下ろしをたくさん描きましたので、読んでもらえるとさらに嬉しいです」
猫好きな人はもちろん、働く人すべてにチェックして欲しい「ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話」。ぜひモフ田くんを仮想モフモフして癒やされてくださいね。

<画像提供>清水めりぃ

(田中いつき+アリシー編集部)
田中 いつき
田中 いつき
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ