メディア個別 ちふれコールドクリームより時短で毛穴レス!shiroの美容液級クレンジングバーム | 月末ご褒美コスメ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

ちふれコールドクリームより時短で毛穴レス!shiroの美容液級クレンジングバーム

第11回 月末ご褒美コスメ
\とろ〜りうるおってW洗顔不要/
花粉による肌のゴワつきとメイク崩れに格闘する季節到来。
そんななかでもみなさん、2月もお疲れさまでした! 

プチプラコスメ好きな人も、頑張った自分へのご褒美に、いつもよりリッチな“ご褒美容”アイテムで、ご自身をいたわってください。特にアラサーたるもの、たまには良いものに触れて気持ちを高めることが大切です。

今回は季節の変わり目と花粉で肌が揺らぎやすい今こそ使いたい、肌を守る2アイテムをご紹介します。

■ASTALIFTの“破れない”日焼け止め「アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション」

▲右が3/1発売の“破けない日焼け止め”「アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション」。
春に向けて本格的に紫外線量も増え、日焼け対策に余念がない今日この頃。ASTALIFT(アスタリフト)の発表会では、こんな研究結果がありました。
日常生活の中での「笑う」「しゃべる」「食べる」といった顔の動きによって、日焼け止めの膜に亀裂が発生し、そこから紫外線の侵入を許していたのだそう。

たった40回顔にアクションが起きるだけで10%も紫外線漏れが増加してしまうんです。

日中に動く回数はなんと目元1万回、口元1.5万回といわれているので、ちょっともう引きこもりたい……。
▲左が一般的な日焼け止め、右が今回の新作日焼け止め。後者はスポンジを伸ばしてもひび割れませんでした。
この“UV地割れ”を起こさずに、伸縮性が高くしっかり肌に密着するのが「アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション」(30g=3,900円+税)。

ストレッチがきいた“伸びる日焼け止め”“破れない日焼け止め”の開発に成功。ちょっとお値段張りますが、伸びがいいからコスパは抜群かなと。ベージュカラーなので白浮きも気になりません。あとはみなさんご愛用のファンデとの相性が良いことを祈ります!

■体温でとろけてうるおうshiro「タマヌ クレンジングバーム」

酒かす化粧水でおなじみのshiroから、“クレンジングミルクのやさしさ”と“クレンジングオイルの洗浄力”を兼ね備えた「タマヌ クレンジングバーム」(90g=6,500円+税)が登場。ミルクとオイルのいいとこ取り! 発表会で試してから絶対に紹介しようと思った名品です。
▲見よ、この中身を! こっくりモッタリしたテクスチャー。だけどひとたび手に取れば、たちまちとろける伸びの良さなんです。
オーガニックワックスのようなテクスチャーで、手に伸ばすとたちまち体温でとろけだし、一瞬でオイル化して肌になじみます。伸びも抜群に良いので、肌への摩擦もナシ。

最近ちふれのウォッシャブルコールドクリーム人気が再熱しているようですが、それよりも断然こちらをオススメします。ちふれは乳化に時間がかかるため、どうしても指が肌につっかかるのですが、これは少量でもスルスル肌へ広がっていくから、超時短。そしてマッサージにも最適。

W洗顔不要なのですが、この手のものは汚れを巻き取った油分が肌にまとわりついて、一発でキレイに落ちないのでは……と懸念しておりましたが、そんな心配は不要でした。落とす前にぬるま湯で手を湿らせ、軽く肌をくるくるマッサージすると、白く乳化して肌が軽くなるのがわかります。毛穴も心なしか目立ちにくくなるような……。
▲ちふれウォッシャブルコールドクリームの方が3倍量がありますが、タマヌクレンジングバームは伸びがいいから引けを取らないコスパの良さ◎
その後ぬるま湯でしっかり洗い流したら、さっぱり洗い上がっているのに、肌がふっくらしている。タマヌオイルのうるおい持続性は長く、つっぱり感も被膜感もナシ。ただ、ウォータープルーフのマスカラは落としにくかったので、しっかりメイクの時は専用クレンジングを使った方が良さそうです。

肌が敏感になっている時は、やさしくしっとり洗い上げるクレンジングを選びたいところ。洗面台の前に立つのが楽しくなるアイテムのひとつです。

さて、来月は何を紹介しようかな。

(藤田佳奈美)
藤田佳奈美
藤田佳奈美
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ