メディア個別 NGマナーで台無しに!結婚式のお呼ばれコーデ(アクセサリー編) | いまさら聞けない! 大人のマナークイズ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

NGマナーで台無しに!結婚式のお呼ばれコーデ(アクセサリー編)

第11回 いまさら聞けない! 大人のマナークイズ
時計をつけるのはNG?
結婚式のお呼ばれは、ドレスにバッグ、アクセサリー…と揃えるアイテムがたくさん。アクセサリーを選ぶのは後回しになって、派手すぎる?マナー違反じゃないよね?と不安になることも。当日恥ずかしい思いをしないようアクセサリーのNGマナーをチェックしましょう。

■アクセサリーのNGマナーは?

1.白色のアクセサリー
ドレスや靴同様、主役の花嫁が身に着ける白は避けましょう。
ただし、パールはゲストでも着用することができます。

2.花嫁より目立つほど派手なもの
基本的に花嫁より目立つのはご法度。生花や大ぶりのコサージュは避けたほうが無難です。
また花の髪飾りも花嫁とカブることも多いため、避ける傾向にあります。

3.時計
「時間を気にしている」という考えから、つけないのが好ましいとされています。

4.アニマル柄、ファー
殺生をイメージさせるため、結婚式ではNG。ファーは2次会ならOKという流れも。
結婚式につけるアクセサリーはルールブックがなく、曖昧です。他にも、光を反射してしまうため昼の挙式では光り物はNG、2つに分けるイメージからバイカラーはNGなど、様々なマナーが浮上しては消えています。つまるところ、一番の安全圏は“パール”のアクセサリーとなるよう。

全体のコーディネートとマナーを踏まえて、結婚式に華を添えるアクセサリーを選んでくださいね。
(アリシー 編集部)
アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ