メディア個別 オーブンがなくてもOK! フライパンでできちゃう食パンキッシュ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

オーブンがなくてもOK! フライパンでできちゃう食パンキッシュ

\手間いらずで簡単にできる/

自宅でキッシュを作るとなると、パイ生地やタルト生地を使ったりオーブンが必要だったりとハードルが高そう……。それなら食パンでキッシュを作ってみませんか。実は食パンを使えば、オーブンを使わずにフライパンだけでキッシュが作れるのです。今回はそんなフライパンで作るキッシュのレシピを紹介します。

■基本の食パンキッシュの作り方

キッシュといえばほうれん草とベーコンなどが定番の具材。まずは基本のキッシュを作ります。

<材料>
食パン     1枚
卵       1個
バター     5g
牛乳      50ml
厚切りベーコン 30g
ほうれん草   1/2 束
ピザ用チーズ  30g

<作り方>
1)食パンの内側をくり抜きます。
2)切った食パンを一口大に切っておきます。
3)ほうれん草とベーコンを一口大に切ります。
4)卵を溶き、牛乳を加えて混ぜ合わせます。
5)熱したフライパンにバターをしき、ほうれん草とベーコンを炒めます。
6)ベーコンとほうれん草を中央に寄せ、食パンの耳を置きます。
7)溶いた卵を流し入れ、食パンを入れます。
8)チーズを乗せてフライパンに蓋をしたら弱火で蒸し焼きにします。筆者の自宅のガスコンロでは5分ほどかかりました。
9)お皿に移して完成です。
焼いた食パンがカリッとしていて、タルト生地のような食感になりました。卵はふわふわというよりプルっとしていて柔らか。トッピングにチーズを乗せてボリュームもあるので軽い食事としてもいけそうです。

■食パンで作るいちごのキッシュ

基本のキッシュを作ったら、次はデザートになるようなキッシュを作ってみます。

<材料>
食パン    1枚
卵      1個
バター    5g
砂糖     20g
牛乳     50ml
イチゴ    4個
バニラオイル 適量

<作り方>
1)食パンの内側をカットします。
2)イチゴのヘタを取り、縦に切ります。
3)卵を溶いて牛乳・砂糖 ・バニラオイルを混ぜ合わせます。
4)熱したフライパンにバターをしき、食パンを置きます。
5)卵液を流し入れ、中にいちごを入れます。
6)蓋をして、卵が固まるまで弱火で蒸し焼きにします。こちらは卵に火が通るまで4分くらいかかりました。
7)お皿に移し替えて完成です。

いちごのキッシュは甘くてカスタードのような味わいです。甘酸っぱいいちごと卵がよく合う。焼いたいちごは柔らかく、生で食べるのとまた違った食感になっています。今回は熱いうちに食べましたが、冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいかも? と思いました。
食パンキッシュは工程が簡単なので、不器用な筆者でも失敗せずに作ることができました。手早くできる食パンキッシュ、ぜひチャレンジしてみて!

(大田ちえこ+アリシー編集部)
大田ちえこ
大田ちえこ
食とうつわを愛するライター。 アリシーでは、いかに美味しそうな料理写真が撮れるかをモットーに執筆中。 ファッションはだいたいユニクロ系。
食とうつわを愛するライター。 アリシーでは、いかに美味しそうな料理写真が撮れるかをモットーに執筆中。 ファッションはだいたいユニクロ系。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ