メディア個別 オーガニックなのにセット力抜群ワックス、髪も頭皮も改善する万能さ | 月末ご褒美コスメ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

オーガニックなのにセット力抜群ワックス、髪も頭皮も改善する万能さ

第12回 月末ご褒美コスメ
\こんなスタイリング剤待ってた!/
桜は満開を迎え、空に舞う花びらの美しい光景をあちこちで見かけます。
年度末の疲れを桜の下で癒した人も多いのではないでしょうか。

お花見もいいですが、頑張った自分へのご褒美に、いつもよりリッチな“ご褒美容”アイテムで、ご自身をいたわってください。

今回はオーガニックなのにセット力抜群で、髪も頭皮もケアできるトリートメントスタイリング剤をご紹介します。

■NATURAL COSMOのオーガニックトリートメントワックス

▲左から「トリートメントふわくしゅミネラルミストスタイリング」(150g=税別4,500円)、「トリートメントシロップジェル・ハードスタイリング」(148g=税別5,000円)、「トリートメントシロップジェル・ソフトスタイリング」(同)、「トリートメントバームワックス」(19g=税別3,500円)
まず、前提として、私はオーガニックワックスジプシー。

市販のスタイリング剤だとベトつきやすいし、スタイリングした髪が顔まわりにつくとニキビができるし、シャンプー時の泡立ちにくさや洗い残しも気になるので、オーガニックワックス派だったのですが、難点は「とにかくセット力が弱い」! ツヤ感は再現できるけど、パーマのカールを1日保つのはほぼ無理でした。

そんな中、新商品発表会で出会ったのが、こちら。

世界一多くの種類の栄養素を含むバクテリア「ブルーグリーンアルジー」を使用したオーガニック食品のパイオニア「NATURAL COSMO」(ナチュラルコスモ)から登場した、トリートメントスタイリング剤です。

同ブランドのトリートメント剤には「ブルーグリーンアルジー」に加え、「アガベシロップ」、(一部「ミネラル(塩)」)が配合されているのが特徴。この成分たちがスタイリングやトリートメントのどの観点においても重要な役割を担っているのです。

まずはこのブルーグリーンアルジーから説明していきますね。後ほどスタイリングしたヘアも紹介します。
▲中央の瓶に入っているのがブルーグリーンアルジー。左がそれを溶かした液体。鮮明なブルーが印象的。
同ブランドは、代表の上林昌三さんをはじめとする上林一族で経営しているのですが、実は上林家はアトピーや花粉症による深刻な肌荒れ持ち一家。

彼らを救ったのがこのブルーグリーンアルジー。この成分は人間を構成する全ての栄養素が揃っているので、その人の足りない栄養素を補うだけでなく、その栄養素が最大限のパフォーマンスを発揮できる栄養素も揃っているから、全方位的に修復・改善に優れているんです(だから普通に買うとめちゃくちゃ高い!)。

そんなブルーグリーンアルジーを配合しているこのスタイリング剤。シャンプーやトリートメントよりも長く髪にまとうスタイリング剤だからこそ、トリートメント力があるのはありがたいですよね。頭皮に揉みこんでもOK!
▲アガベシロップ。アガベシロップとは、アガベという植物の甘い樹液のこと。ハチミツや砂糖、なんとリンゴよりも低GI値だから、血糖値も上がりにくく、ダイエットにも向いていることで話題に。
セット力・キープ力は「アガベシロップ」が実現。

シロップなので多少の粘度とベタつきがあるのですが、なんとこれをヘアワックスに配合。熱を加えると固まる性質があるから、ドライヤーでセットしたら完璧なホールド感が生まれます。

保湿力はもちろんのこと、炎症や雑菌の発生を抑える力もあるから、頭皮が弱い人も使えるのが嬉しいポイント。

実際にセットしてみた

▲パーマヘアなので「トリートメントふわくしゅミネラルミストスタイリング」をチョイス! 少し粘性があるけど、すごく伸びが良くて乳液のようなテクスチャー。ロングでもワンプッシュで十分。ショートヘアやセミロングは半プッシュでいいかも。
▲軽くてふわふわな仕上がり。手のひらは少しべたついたのに、髪の毛のベタつきはゼロ。カール力はOK、ボリュームは、まあまあかな、といった印象。髪の毛が柔らかく感じるのがいちばんの収穫!
髪は顔の額縁だから、相手に与える印象も強いもの。だからこそ、いつ誰と会ってもいいように、朝セット仕立ての美しさをキープしたいですよね。これからは口にしても良いものから作られているこのスタイリング剤で、心地よいヘアスタイリングを楽しみたいと思います。6月1日発売。

(藤田佳奈美)
藤田佳奈美
藤田佳奈美
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ