メディア個別 透明感と色香漂う、セルヴォークのエンスロールグロス08が絶対買い | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

透明感と色香漂う、セルヴォークのエンスロールグロス08が絶対買い

\赤なのにピュアな印象!/
平成最後の日。何があるわけでもないけれど、コスメを新調して気分も一新、令和に向け準備を備えたいところ。

今回ご紹介するのは、ポーチに忍ばせておくと心強いCelvoke(セルヴォーク)の新作リップ! 発表会で試してからというものの、早く皆さんに教えたかった名品です。

頑張って平成を乗り切った自分へのご褒美に、ぜひご検討ください。

■Celvoke(セルヴォーク)「エンスロールグロス08」

▲4/26(金)に登場した新作アイテム。手前から時計回りに「セルヴォーク エンスロール グロス」(2,800円)、「セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー」(3,500円)、「セルヴォーク インフィニトリー バーム」(3,200円)。
赤リップなのにどぎつくなくて、むしろピュアな透明感さえ与える「セルヴォーク エンスロール グロス」の08番「カプティックレッド」が、今月の優秀賞です。

いやらしくなりがち・顔から浮きがちな赤リップの概念を変えてくれました。
▲チップは小ぶりで薄め。小回りがきくから、唇の輪郭や口角まで塗りやすいです。
▲肌に乗せると、赤みの中に潜むモードな気配を見て取れるかと。少し渋い色味なので、大人女子でもしっくり馴染みます。
天然由来成分99%以上のナチュラル処方なので、唇が荒れがちな人にも試してもらいたい。かくいう私もシャネルのリップなど外資系は軒並み荒れてしまい、ティント系は全滅。

このリップはスルスルと伸びて唇をコーティングしてくれるから、今のところ荒れはナシですが、荒れている時に塗るとめくれた皮が目立ちやすかったので、普段からコンディションを整えておく必要はありそうです。

■Celvoke(セルヴォーク)「エンスロールグロス08」塗ってみた

▲自然光で撮影。何も塗っていない状態。
▲同じく自然光で撮影。「エンスロールグロス08」を塗った状態。
▲ライトアップで撮影。「エンスロールグロス08」を塗った状態。
上記色味補正などは一切しておりません。

深みのある赤だけど、透明感もしっかりあるので、決まりすぎてない感じがカジュアル使いにもうってつけ。

難点は色ムラが出やすいこと。唇全面にうまく乗せられなかったら、唇の中央にたっぷり乗せて、上唇と下唇を軽く擦り合わせると、中央からグラデーションになって◎。
▲薄づきでもじゅわっと色づいて、色っぽさが出る。
▲甘めのピンクメイクにも合うので、意外とどんなメイクでもバランス取りやすい。
この「エンスロールグロス08」、主役にもアクセントにもなるから、ポーチに忍ばせておくと大活躍すること間違いなし。小ぶりサイズだから持ち運びにも便利です。唇が印象的だと、他のメイクが手抜きでもそれなりに見えるから、忙しい朝にもぴったり。ぜひご自身の唇で試してみてください。

(藤田佳奈美)
藤田佳奈美
藤田佳奈美
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
創作ダンスや女子ひとり飲み、七号食ダイエットなど、興味はあるけど苦手なことに果敢に立ち向かうスタンスで頑張るのがモットー。 ジャンル問わない雑食系編集ライターでもあるが、最近は若者の離婚や恋愛離れなどの男女問題や、オカメインコ愛について語らせると暑苦しくなる。 だいたいマガジンハウスにいる。だいたい隅田川沿いで飲んでる。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ