メディア個別 ゴムひとつで出来る! 進化系ポニーテール | 簡単ヘアアレンジ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

ゴムひとつで出来る! 進化系ポニーテール

第26回 簡単ヘアアレンジ
プロの技を伝授!
まとめヘアの定番“ポニーテール”。

簡単だけどマンネリしやすいこのヘアにアクセントをつけるべく、美容室BALLOON HAIRのヘアスタイリスト・小松美緒さんにプロの技を伝授していただきました!

名付けて「進化系ポニーテール」。簡単なので、みなさんもマネしてみてくださいね!

■たった5分でこの仕上がり!

今回は、どうしても地味になりがちな低めポニーテールに、ひと手間を加えて華やかに変身させます。

ダウンスタイルよりもきっちりした印象を与えつつ、お洒落な雰囲気を楽しめそうなこのスタイル。ポイントは「ねじり」です。

■step.1 髪を3つに分ける

トップから耳の後ろにかけて髪を3つに分けます。

■step.2 サイドの髪をねじる

サイドの髪をさらに2つに分けます。
髪を2つに分けるときは"ただ均等に分ける"のではなく「この後、どの方向に髪をねじっていくのか」という"角度"を意識して分けると左右でアンバランスになることはなくなるそうです!

■step.3 そのままねじる

先ほど分けた2本の髪を交互にねじります。
髪をねじるときは「結ぶ場所」をめがけて斜め後ろへ引っ張りながらねじると仕上がりが綺麗になります!

ねじった髪はゴムで仮止めして、逆サイドの髪も同じ手順でねじっていきましょう。

■step.4 全ての髪をゴムでまとめる

反対側の髪をねじり終えたら(仮止めはしなくて大丈夫)、全ての髪をまとめて片手でしっかり固定。

固定した状態で仮止めしていたゴムを外し、全ての髪を結びます。

■︎step.5 トップの髪をふんわりさせる

髪全体が引っ張られないように片手で髪の結び目を押さえたまま、トップの髪をよりふんわり見せるため“細かく“引き抜いて、後頭部にふんわりとしたボリュームを持たせます。

■step.6 ねじった髪も引き出してニュアンスをつける

こちらも結び目を持ったまま、髪を少しずつつまみ出して雰囲気をアップさせます。
鏡を見ているとついつい鏡に映る顔周りから髪を引き出してしまいがちですが、それだとうまく引き出せずただのボサボサヘアーに……!

髪を引き出すときは、しっかりと結び目を持ったまま、結び目に近いところからトップに向かって順番に引き出すと、髪が自然に解けてくれるので、上手にニュアンスを作れるそうです!

■完成!

飾り付きのゴムを使用すればデートヘアにもなりそう!
編み込みをしたような華やかなサイドも「ねじるだけ」なので、あっという間に出来ちゃいました!

■女性誌・ヘアカタなどで活躍するヘアスタイリスト・小松美緒さん

今回は小松さんにやっていただきましたが、もちろん自分でも簡単にできます!

とてもシンプルなアレンジでも、小松さんが教えてくださった“ポイント“を意識するだけで美容室でセットしてもらったように、手の込んだクオリティーに見せることが出来ちゃいますよ!
さあ、あなたも今日からいつもの「ゴムひとつ」で、ちょっとアクセントの利いたヘアスタイルに挑戦してみてはいかがですか?

(上野一舞+どてらい堂)
上野一舞
上野一舞
1996年、美容ヲタクとファッションヲタクの姉を持つ三姉妹の末っ子として生まれる。何をするにも姉の真似ばかりして育ってきたが、20歳になった現在はライターとして誰かが真似したくなる情報発信に努めている。
1996年、美容ヲタクとファッションヲタクの姉を持つ三姉妹の末っ子として生まれる。何をするにも姉の真似ばかりして育ってきたが、20歳になった現在はライターとして誰かが真似したくなる情報発信に努めている。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ