メディア個別 冷凍ごはんを最大活用! 5分で完成する簡単ごはんものレシピ! | グルメの裏技 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

冷凍ごはんを最大活用! 5分で完成する簡単ごはんものレシピ!

第12回 グルメの裏技
買い物いらずで、すぐ食べられる
平日の帰りが遅くなってしまったとき、休日に材料を買いに出かけるのが面倒なとき……。冷蔵庫にあるのは冷凍ストックしたごはんくらい。そんなときでも、少ない材料と短い時間でさっと作れるレシピがあったら嬉しいですよね。今回はそんなときにぴったりなごはんものレシピを料理研究家の加瀬まなみさんに教えていただきました。どれも所要時間はたったの5分という手軽さで、しっかりと満足感の高い食事に仕上がる品々! 冷凍ストックしたごはんと、少ない材料で作れてしまう優れものです。

■料理研究家・加瀬まなみさん

スペイン料理を中心に料理研究家として活動中。著書は「フライパンひとつで作る絶品パエリア」、「5分でできた!シリーズ」、「2stepレシピお米で作る楽しいごはん」など。忙しい日々の中でも、おいしく簡単に作れるレシピを提案し、若い女性を中心に支持を集めています。

■甘辛い味付けがごはんにベストマッチ! トンてり丼

豚こま肉を活用した簡単レシピです。材料・作り方ともに至極シンプルでありながらも、甘辛い味付けでごはんがとまらなくなること間違いなし!
[材料]
(A)
ごはん           1膳分
豚こま肉          120g
タマネギ          1/2個
レタス           2枚

(B)
めんつゆ(2倍希釈)  大さじ2
砂糖            小さじ1

(C)
炒りごま(白)      少々
豚こま肉はひと口大にカットし、タマネギはいちょう切りにします。
フライパンで油を中火で熱し、豚こま肉を炒めます。火が通ったらさらにタマネギを加え、炒めあわせます。
フライパンで油を中火で熱し、豚こま肉を炒めます。火が通ったらさらにタマネギを加え、炒めあわせます。
器にごはんを盛ります。レタスは細切りにカットし、ごはんの上敷きましょう。
煮詰めた具を乗せて、炒りごまを振って完成です。
「フライパンに砂糖を加える際は、必ず具の上に投下しましょう。鍋肌に落とすと、具と絡み合う前に砂糖が焦げてしまいます」(加瀬さん)

■裏技を使って簡単にとろとろの仕上がりに! オムしらす丼

誰もが憧れるとろとろのオムライス。でも、習得するには熟練の技術が必要……。そこで、誰でも簡単に作れてしまう裏技を伝授してもらいました。仕上げにかけるごま油の香りが、半熟卵と絶妙なハーモニーを奏でます。
[材料]
(A)
ごはん              1膳分

(B)
卵                1個
牛乳               50cc
塩                小さじ1/8

(C)
しらす              10g
ごま油              小さじ1
小ネギ              適宜
フライパンに(B)を合わせ、泡だて器でよく混ぜます。この時点では、まだ火は点けません。
全体が混ざったら、コンロの火をつけます。中火にし、泡だて器で混ぜ続けます。
火が通ってくると徐々にクリーム状になるので、固まる寸前のなめらかな状態で火を止め、しらすを加えます。
お皿にごはんを盛り、スプーンでオムレツをすくってごはんに乗せます。仕上げにごま油を垂らし、小ネギを散らして完成です。
「卵がクリーム状になるまですこし時間がかかりますが、クリーム状になるとその後は一気に火が通り、気を抜くとぼそぼそになってしまいます。クリーミーな食感を出すにはこの火入れの見極めが重要ですので、目を離さずに注意しながら加熱しましょう」(加瀬さん)

■ごはんを洗うひと手間で本格派! チーズリゾット

本来、リゾットは生米をフライパンで炒めてから煮詰めるという工程を踏みますが、ひとり暮らしでやるのは面倒ですよね。そこで、あらかじめ炊いておいたごはんを使って時短しながらも本格的なリゾットに仕上がるレシピを紹介します。
[材料]
(A)
ごはん        150g
ベーコン        30g
スライスチーズ    1枚

(B)
牛乳         150cc
塩          小さじ1/4

(C)
粗挽き黒コショウ   少々
粉チーズ       適量
ベーコンをカリカリに炒めます。ベーコンから油が出るので、フライパンには油を引かなくてOKです。
ごはんはレンジで温めなおし、さっと水洗いします。
フライパンに加えて、ベーコンとともに炒めあわせます。
フライパンに(B)を加え、スライスチーズをちぎってのせます。弱火で加熱し、チーズを溶かします。お皿に盛り付け、粗挽き黒コショウと粉チーズを振ってできあがりです。
「ごはんを水洗いしてぬめりを取ることで、ほどよくお米の粒感が残り、べちゃっとした食感になりません。ひと手間かかりますが、違いは歴然なので、ぜひ水洗いは欠かさずにしてみてくださいね」(加瀬さん)

■いざ、実食!

どれも本当に5分程度で完成しました! 材料が少なくて済むので、買い物の負担が少ないのが嬉しい限り。余裕があるときは、今回紹介したレシピに好みの材料を足してアレンジしてみるもの楽しそうですね。

(まにゃむ+どてらい堂)
まにゃむ
まにゃむ
ライターでバリスタでパティシエです。基本的に食べ物を作ること・食べることが好き。お店チェックも好き。スイーツ系からコーヒー、居酒屋までなんでもこい。趣味はストリートダンス。食べたカロリーはダンスで消費します。
ライターでバリスタでパティシエです。基本的に食べ物を作ること・食べることが好き。お店チェックも好き。スイーツ系からコーヒー、居酒屋までなんでもこい。趣味はストリートダンス。食べたカロリーはダンスで消費します。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ