メディア個別 ニキビ跡やしわを抑える!? 話題の「ヘパリン類似物質」とは? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

ニキビ跡やしわを抑える!? 話題の「ヘパリン類似物質」とは?

アンチエイジングに効果的と数年前から話題になっている「ヘパリン類似物質」。皮膚科で処方される塗り薬ヒルドイドに配合されている成分でも有名ですね。こちらではヘパリン類似物質の効果をはじめ、市販の塗り薬についてご紹介させていただきます。

ヘパリン類似物質はなぜニキビ跡に効果があるの?

「ヘパリン類似物質」には、血行促進作用・高い保湿効果・抗炎症作用があることから肌のバリア機能を整え、赤みのあるニキビやニキビ跡改善に良いとされています。
また、ヘパリン類似物質はお肌の水分量を保持・コントロールする働きがあり、潤いある柔らかい肌質へと変わることでニキビの芯や膿も出て来やすい状態にしてくれると言われています。

ヘパリン類似物質は本当にアンチエイジングに良い?

ヘパリン類似物質を含むクリームやスプレーは、芸能人・モデルの間でも愛用者が多く、SNSやネット上で大変話題になっています。
なぜエイジングケアに良いかと申しますと、ヘパリン類似物質は血行促進作用があることから必要な栄養分が肌へ行き渡りやすくなり、継続的に使い続けることで若々しいお肌へ近づくことができると言われています。

ヘパリン類似物質が含まれる市販の塗り薬はあるの?

1.【新新薬品工業】ピアソンHPクリーム
ヘパリン類似物質を100gあたり0.3%含むピアソンHPクリーム。主成分や使用添加物など、ヒルドイドのジェネリック薬品ビーソフテンクリームと似ている市販の第2類医薬品です。ピアソンHPクリームは、Amazon・楽天市場でも取り扱いがあります。

2.【小林製薬】アットノン クリーム
ヘパリン類似物質を配合した小林製薬の塗り薬です。クリームタイプ以外にもローションやジェル・コンシーラーなど幅広く取り扱いがあります。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
kurumi
kurumi
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ