メディア個別 クシを通すとブチっと切れ毛が!ヘアケアをすれば切れずに済むの? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

クシを通すとブチっと切れ毛が!ヘアケアをすれば切れずに済むの?

髪の毛をとかすと、ブチブチっと音がして切れてしまったという経験はありませんか?指通り抜群の艶やかな美しい髪は女性ならではの重要なパーツであるため、切れ毛予防をして思わず二度見される綺麗な髪の毛を手に入れましょう!

切れ毛が多くパサついた髪が悩み…原因は?

切れ毛があるだけで髪の毛がボサボサに見えたり、うまくスタイリングできずに気分が沈みがち。
そもそも切れ毛の原因は、髪の毛の栄養不足、カラーやパーマなどで蓄積されたダメージ、細くて硬い髪質、髪が長い…などと言われています。
直毛よりもくせ毛で、太い毛よりも細い毛のほうが髪内部に水分をキープしにくいためダメージが受けやすく切れ毛になりやすいのです。

切れ毛を徹底ケアする方法

まず切れ毛を有効にケアするなら、思い切って切れ毛をカットしていきましょう。毛先から3センチくらいを水平にカットするだけで切れ毛が減っていくはずです。
そして、切れ毛を悪化させずに予防する方法は、髪の毛にダメージを与えないことが大切。

ゴシゴシと髪を摩擦するような強い洗い方ではなく、髪を洗う前に軽く櫛を通し、ぬるま湯で予洗いをしてからたっぷりの泡で洗っていきましょう。

タオルドライ後、流さないトリートメントを塗布して髪を保護してからドライヤーを当てていき、大半乾いたら冷風を当てると効果的です。

寝るときには、枕との摩擦を防ぐために三つ編みに結んでおくといいでしょう。

切れ毛予防にはインナーケアも忘れずに

切れ毛対策は、生活習慣の見直しも必須です。
卵や魚、豆腐などに含まれるタンパク質や、牡蠣、レバーなどに含まれる亜鉛は美しい髪を作るために必要不可欠な栄養素なので、毎日取り入れてバランスの良い食事を心がけてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
近本あゆみ
近本あゆみ
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ