メディア個別 すぐ肌が赤くなる「赤ら顔」が悩み…その原因と改善法とは一体!? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

すぐ肌が赤くなる「赤ら顔」が悩み…その原因と改善法とは一体!?

肌が赤くなりやすい赤ら顔の方は、ファンデーションでもなかなかうまくカバーしきれずに悩んでいませんか?赤ら顔になってしまう原因は、1つではなくたくさんあります。赤ら顔の原因を知り、正しいケアでお悩みを改善しちゃいましょう。

赤ら顔になってしまう原因ってなに?

肌が赤くなってしまう赤ら顔は、ニキビや日焼け、スキンケアをするときに使うコットンの摩擦やマッサージによる刺激、乾燥肌などが原因と言われています。

特に乾燥肌の場合、乾燥により肌が薄くなって血管が透けやすい状態になっています。そのため少しの摩擦や刺激により、肌が赤くなってしまうことも。また寒いところから暖かいところに入ると、毛細血管が拡張されて血管が透けてみえることで赤ら顔になってしまうそうですが、肌がしっかり潤いで満たされている場合は、毛細血管が拡張しにくくなり目立ちにくくなると言われています。

水分量が少なく、カラカラした状態の乾燥肌をしっかりケアしてあげることで、赤ら顔を改善することができるでしょう。

赤ら顔を改善するためのスキンケアとは?

赤ら顔を改善するために欠かせないポイントといえば保湿!高保湿の化粧水や乳液、美容液を使って毎日の保湿ケアを行いましょう。スキンケアをする際は、肌への負担をできるだけ減らせるよう、手のひらで基礎化粧品を温めながら顔を包むように馴染ませることが大切です。

また、敏感肌用や低刺激の基礎化粧品にシフトするのも効果的です。肌への刺激が強いオイルクレンジングやピーリング、拭き取りローション、酵素洗顔やスクラブ入りの洗顔はなるべく避けて、肌に優しいスキンケアをしていきましょう。

スキンケアだけではなくストレスを溜めない生活を心がけて、質の良い睡眠をたっぷり取ることも大切です。

肌に優しい保湿重視のスキンケアで赤ら顔を改善!

赤ら顔はさまざまな原因が考えられていますが、特に深刻になりやすいのが乾燥肌による赤ら顔。肌に赤みがあるとファンデーションでもうまく隠しきれず、自分の肌に自身が持てないという方も多いはず。低刺激の基礎化粧品を手のひらで温めて、優しく保湿するスキンケアにシフトしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
rnmm
rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ