メディア個別 美容オイルで起こる「油焼け」とは?朝のスキンケア法に要注意! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

美容オイルで起こる「油焼け」とは?朝のスキンケア法に要注意!

スキンケアに美容オイルを使用しているという方も多いですよね。お肌に良いと思って使っているものの、その中には、日中に使用すると、「油焼け」を引き起こすものがあるんです!「油焼け」しやすいNGオイルとは、どのようなものなのでしょうか?

日中のオイルには要注意!「油焼け」の原因とは?

「油焼け」とは、肌についた油分が太陽からの紫外線や熱などの影響で、酸化してしまう現象のこと。油焼けが起こると、肌のシミやくすみ、色素沈着の原因になってしまうことがあるんです。

朝のスキンケアに、「美容オイル」を使用しているという方は、注意が必要です!
しかし、全てのオイルがダメだという訳ではないので、安心してくださいね。

オイルには、酸化しやすいものと、しにくいものがあります。酸化の原因となるのが、オイルに含まれる「不純物」。この不純物が、日焼けの原因につながりやすく、不純物の多いオイルを肌につけ、紫外線を浴びてしまうことで、シミやくすみができてしまいやすいというわけなんです。

純度が高くない不純物を含むオイルを日中つけることが、「油焼け」の原因となる場合があるので、「純度が高いオイル」を選ぶことが大切なポイントとなります!

どんなオイルを選べば良い?日中使うのにNGなオイルはこれ!

「油焼け」の原因につながりやすいオイルに含まれる「不純物」による酸化。純度の高いオイルを使用すれば、問題はないでしょう。

■酸化しやすいオイル
・馬油
・ローズウッドオイル
・亜麻仁油 など
※酸化しやすいオイルと言われているので、朝のスキンケアには使わないようにしましょう。

■酸化しにくいオイル
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・椿油
・アルガンオイル など
※日中に使うのであれば、これらのオイルがオススメです。

■日焼け予防の効果もあるオイル
・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・アルガンオイル
※これらのオイルには、抗酸化作用があり、肌から出る皮脂の酸化を予防する効果や日焼け止めの効果が期待出来ると言われています。

肌の為に良いと思って使っている美容オイルが、シミやくすみの原因になってしまっては悲しいですよね。
「油焼け」を防ぐ為には、純度の高いオイルを選ぶことがポイントです!オイルによって性質も異なるので、朝と夜で使い分けるものオススメです。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
Erin
Erin
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること♡ トレンド情報を集めるのが大好きです! オトナ女子の皆さまへ、様々な情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること♡ トレンド情報を集めるのが大好きです! オトナ女子の皆さまへ、様々な情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ