メディア個別 カラーベースをプラスして、いつものメイクよりも極上の美肌へ! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

カラーベースをプラスして、いつものメイクよりも極上の美肌へ!

ベースメイクの際に「カラーベース」を使用していますか?カラーベースはあまり馴染みのないアイテムですが、肌悩みを明るくカバーして、素肌を美しく見せてくれるため、華やかでナチュラルなお肌に導いてくれますよ!

ベースメイクをしても肌悩みがカバーできない…。カラーベースを使ってみて!

スキンケアのあと、すぐにリキッドファンデーションやBBクリームなどを塗ってベースメイクを済ませている方も多いはず。シミやくすみなどの肌悩みをかき消そうとして、厚塗りになってしまった経験はありませんか?

そこでおすすめなのが、カラーベース。スキンケアのあとにカラーベースを使ってからベースメイクに取り掛かると見違えるほど美肌に近づけるのです。

素肌美人に近づける!カラーベースの使い方

そもそもカラーベースとは、肌の色を補正する働きがあります。くすんでなんだか冴えない顔色もカラーベースを使えば、素肌から美しく綺麗な肌に見えやすくファンデーションの厚塗りを防ぐことができるため、ナチュラルなベースメイクが完成するでしょう。

ですが、肌悩みに合わせたカラーベースの色味を使わないと、かえって逆効果になることも。まずは、肌悩みに合わせたおすすめのカラーベースの色味をチェックしてみてくださいね。

イエロー・オレンジ・ピンクのカラーベースは、肌の色ムラを整えて、ヘルシーな肌色に見せてくれるカラー。クマやシミ、そばかすに悩んでいる方におすすめです。血色が悪く、肌が青白く見えてしまう方は、ピンクのカラーベースを使うと顔色を良く見せてくれる効果がありますよ。

グリーン・ブルー・パープルのカラーベースは、肌に塗ると余計にどんより暗くなりそうな気がしますが、実はとても優秀なカラーベースです。赤ら顔が気になる方は補色のグリーンのカラーベース、黄色い肌やくすみが気になるならブルーのカラーベース、エレガントな透明感や色気を醸し出すならパープルのカラーベースがおすすめです。

自分の肌悩みに合ったカラーベースを選んだら、正しい塗り方を身につけていきましょう。

おすすめのカラーベースを知ったら、早速正しいカラーベースの塗り方を身につけましょう。カラーベースは、化粧下地の代わりとして使うので、化粧水や美容液でしっかりスキンケアをして馴染んだのを確認してから、カラーベースをムラなく顔全体に伸ばしていきましょう。肌悩みが気になる部分には重ねづけをして、綺麗なスポンジで均等にならしていきます。

また、顔の中心に重点的に塗るとハイライト効果を期待でき、フェイスラインは薄くつけて暗めに仕上げることで、小顔効果も得られます。あとはいつも通りファンデーションを薄く伸ばせば完成です!

カラーベースでワンランク上のベースメイクを

カラーベースは、その日の肌の状態や色に合わせて使えるよう、何色か手に入れておくといいてましょう。

肌悩みをナチュラルにカバーして明るく華やかに見せてくれるカラーベースで、ワンランク上のベースメイクを完成させてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
rnmm
rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ