メディア個別 【インナードライ肌対策】内側から潤いを与える! おすすめの食材4選 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

【インナードライ肌対策】内側から潤いを与える! おすすめの食材4選

「インナードライ」とは、乾燥しているのに肌表面だけ皮脂が分泌し、ベタベタしている状態のこと!インナードライを効率よく改善するには、スキンケアと合わせて食生活の改善に着目することが大切と言われています。

【インナードライ対策におすすめの食材4選!】

インナードライを解消するには、保湿を重視したスキンケアを行うことはもちろん大切ですが、それと合わせて普段の食生活からもお肌に潤いを与えてあげましょう。インナードライ対策におすすめの食材をご紹介します。

【1. かぼちゃ・ほうれん草などの緑黄色野菜】緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンには、血の巡りを良くし、体を潤す効果に期待できます。

【2. ビタミンAが豊富なレバー・うなぎ】ビタミンAには、肌の新陳代謝を促進する働きがあるため、ターンオーバーが乱れたインナードライ肌にはもってこいの成分であると言われています。具体的には、レバーやうなぎなどの食材に豊富に含まれているそうです。

【3. 納豆】納豆に含まれる大豆イソフラボンには、お肌のコラーゲン生成をサポートする効果に期待できます。

【4. ヨーグルト】ヨーグルトには、皮膚の水分保持に欠かせないセラミドが含まれているそう。肌の代謝を高めるビタミンCたっぷりの果物類と一緒に摂取していくと尚良いでしょう。

【POINT】甘いものは肌が糖化し、角質層の保水力を招く原因に繋がると言われていますので、出来るだけ控えるよう心がけましょう。どうしても間食をしたい時は、良質なオイルを含むナッツ類がおすすめです。

【インナードライ対策に効果的なレシピ】〜レバーペーストの作り方〜

ターンオーバーを促進し、高いアンチエイジング効果にも期待できるビタミンAたっぷりのレバーペーストの作り方についてレクチャーしていきます。パスタやサンドイッチなど様々なレシピに応用できるので是非参考にしてみてください。

【材料】
・鶏レバー 300g
・オリーブオイル 大さじ2
・生クリーム 大さじ2
・赤ワイン 大さじ2
・セロリ 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・塩胡椒 適量
・ピンクペッパー 適量
・ローリエ 1枚

【作り方】
1. 血抜きのため鶏レバーを30分間水の中に浸けます。
2. 1のレバーの水気をキッチンペーパーで取り除き、細かくカットします。
3. 玉ねぎ・セロリをフードプロセッサーにかけます。
4. フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクを加えます。
5. ニンニクの香りが立ったら、2と3、生クリーム・赤ワイン・ローリエ・塩胡椒を投入し弱火で煮込みます。
6. 8割程を目安に水気が飛んだら火を止め、ローリエを外します。
7. 6の粗熱が取れたらフードプロセッサーで撹拌します。
8. 7を容器に移し、30分間冷蔵庫で冷やします。
9. お好みでピンクペッパーをトッピングして完成です!


バランスの整った食事内容こそお肌にとって「最高の美容液」であると言っても過言ではありません。潤いのある若々しい肌を維持するためにも、普段のスキンケアと合わせて食生活の見直しを実践してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
kurumi
kurumi
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ