メディア個別 虫歯が原因で肌荒れするって本当!? 正しい予防法についてご紹介 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

虫歯が原因で肌荒れするって本当!? 正しい予防法についてご紹介

正しいスキンケアを実践しているはずなのに、いつまで経っても肌荒れが治らない…と鏡を見るたびに悩んではいませんか? そんな症状がある場合、もしかするとあなたのお口の中に潜んでいる虫歯菌が原因かもしれません!

虫歯で肌荒れ!? 具体的な原因とは?

肌荒れというと合わないスキンケア用品を使っていたり、食生活の乱れ・睡眠不足といった生活習慣により引き起こるイメージが強いものですが、実は虫歯によりニキビ・吹き出物などの肌トラブルを引き起こす可能性があると言われているんです。

【虫歯で肌荒れ!? 具体的な原因について】
虫歯が悪化するにつれて毒素が歯茎に溜まってくると言われています。症状が軽いうちは血管やリンパ管を通して体外に出そうとしますが、最終的には歯茎から最も近い顔周りの皮膚を通して毒素を排出し始めるようです。その際、毛穴に傷をつけたり炎症を起こしたりすることでニキビなどの肌トラブルが引き起こりやすくなります。

<POINT>
虫歯による肌荒れは、痛みによるストレスなども一つの原因として考えられるそうです。ストレスが高まることで自律神経が乱れ、皮脂の分泌量が増えてしまうためニキビができやすい肌質になると言われています。お肌の健康のためにも定期的に歯科クリニックに通うよう心がけましょう。

今一度見直したい! 虫歯の正しい予防方法について

虫歯を予防するにはただ単に歯磨きさえ行っていれば大丈夫!と思ってはいませんか? より賢くデンタルケアを行うには、ちょっとした工夫が必要であると言われています。

【虫歯の正しい予防方法について】
1.<フッ素を使用する>フッ素入り歯磨き粉を活用しましょう。フッ素には再石灰化をサポートし、酸に強い歯の質を作る働きがあると言われています。
2.<よく噛んで食べる>唾液にはミュータンス菌などの虫歯菌を自然殺菌する作用があると言われています。よって唾液の量が多ければ多いほど虫歯になりにくくなります。唾液の量を増やすにはよく噛むことが重要ですので、普段から一口あたり30回ずつ噛んで食べる習慣を癖づけるようにしましょう。

いかがでしたか? お肌のエイジングケアはしわ・シミができてからどうにかしよう!と思ってもなかなか難しいものですが、それは口の中も同じであると言われています。歯はこれから先も一生使用するものですので老朽化しないよう、毎日心を込めてケアしていくことをおすすめします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
kurumi
kurumi
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ