メディア個別 低用量ピルで大人ニキビは改善できる?飲むタイミングや副作用 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

低用量ピルで大人ニキビは改善できる?飲むタイミングや副作用

ピルと聞くと避妊対策用のお薬というイメージが強いかもしれませんが、実は避妊以外にも生理痛の軽減やニキビなどの肌トラブルを改善する効果も期待できるんです。正しい飲み方や気になる副作用についてチェックしていきましょう!

低用量ピルとニキビの関係性!飲むタイミングはいつ?

ピルには排卵を抑制し、ホルモンの変動を少なくする働きがあることから避妊以外にもニキビ用の治療薬として処方されることがあるそうです。

<低用量ピル〜飲むタイミングはいつ?〜>
ピルは、含まれている女性ホルモンの量によって低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルに分かれており、ニキビやPMSの軽減・避妊目的で長期間服用する場合は低用量ピルを用いるのが一般的と言われています。ピルは1日1錠、毎日同じ時間に飲むことが大切なポイントだそう。そうすることで血液中のホルモンを一定量に保ちやすくなります。

ピルは薬局で買うことができないため、病院やクリニックに足を運び必要な検診を受けた上で処方してもらえます。基本的には診察料や検査の費用も自費負担(1ヶ月で約3〜5千円)となりますが、症状によっては保険が適用される場合があるようです。

ピルに考えられる副作用について

ピルを飲み始めると最初の2〜3日目に吐き気や頭痛のほか、妊娠初期のような症状を引き起こしやすくなります。しかし、これは一時的なもので体が慣れていくと次第になくなっていくそうです。もし症状がひどい場合は担当の医師に相談しましょう。ピルの種類を変えることで副作用が軽減することがあると言われています。

<人によっては服用できない可能性も>
現在日本の病院で取り扱いがある低用量ピルはホルモン量が少ないため、以前指摘されていた血栓症・心筋梗塞などの重大な副作用は減少しているそうですが以下のような条件にあてはまった場合、ピルが処方されないことがあるそうです。

・思春期前の女性
・高脂血症の方
・授乳中・妊娠中の方
・重度の肝障害
・35歳以上で1日15本喫煙している
・原因不明の不正出血がある
・血栓リスクの高い方

ピルを服用する場合、基本的な検査(問診・血圧測定)以外にも必要に応じて内診・乳房検査・尿検査も合わせて行われるそうです。乳がんの早期発見や生活習慣病の予防に繋がったりと健康管理上も大切なことですの薦められた場合は受けるようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
kurumi
kurumi
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ