メディア個別 ケアが難しい…加齢による黒クマの解消法とメイクテクニックとは | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

ケアが難しい…加齢による黒クマの解消法とメイクテクニックとは

目の下にできるクマには大きく分けて3種類ありますが、その中でもケアが難しいと言われているのが加齢による黒クマ。黒クマがあると実年齢よりも上に見られたり、疲れて見えてしまいがち。スキンケアとメイクでカモフラージュしてみませんか?

クマは大きく分けて3種類!あなたのクマはケアが可能?

目の下できるどんよりとしたクマは、青クマ・茶クマ・黒クマの3種類に分けられます。青クマは冷えや血行不良、寝不足や疲れ目などが原因。茶クマは肌にメイクが残った色素沈着やシミ、黒クマはまぶたがたるんでいることが原因です。

顔を上に上げて鏡で見た時に消える場合は黒クマである場合が多く、加齢による肌のたるみと大きく関係しているため、根本的に改善するのは難しいと言われています。

改善が難しい黒クマには、たるませないケアとメイクでカバー

黒クマを根本的に改善するのは難しいと言われているため、これ以上肌をたるませないようにレチノールなどが含まれたアイクリームや、リフトアップが期待できるアイケアアイテムを使ってケアしていきましょう。

目の周りの皮膚はとても薄く、刺激や摩擦を与えると色素沈着になってしまうため、アイケアをするときはクリームなどの基礎化粧品を塗りこむのではなく、優しく乗せて馴染ませることが基本。顔と同じようにコットンに含ませた化粧水を丁寧に馴染ませたら、アイクリームや目元専用のパックなどを使って潤いを与えてくださいね。

黒クマを隠すベースメイクは、クマの種類の中でも一番難しく、コンシーラーで完全にカバーするのは大変だと言われています。そのため、ピンク系のコントロールカラーを目の周辺に馴染ませて、たるんで影になっている部分にホワイトのパール入りのピンク系アイシャドウをブラシに取って馴染ませることでふっくら感を与えることがポイントですよ。

アイメイクに力を入れすぎるとかえって黒クマを強調させてしまう場合があるので、リップやチークに赤やオレンジ、濃いめのピンクなどのはっきりした色をプラスして目線を集めるメイクをするのもコツ。

また、目を閉じて眼球を動かしたり、目をパッと見開くエクササイズを行うのもたるみに効果的だと言われています。簡単なエクササイズでたるみが原因の黒クマにアプローチしてみてはいかがでしょうか?

黒クマを目立たなくさせてふっくらとした若々しい目元に

黒クマを隠そうとしてベースメイクを重ね塗りすると、シワに見えたり余計に目立ってしまうため、ベースメイクは薄塗りにしてパールホワイト入りのピンク系アイシャドウでたるんだ目元をふっくらと見せてあげましょう。黒クマに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
rnmm
rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 得意ジャンルはスキンケア、フェイスケアです。ユーザーの皆様が実践しやすい美容ケアを紹介していきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ