メディア個別 16時間の簡単プチ断食!「8時間ダイエット」のやり方について | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

16時間の簡単プチ断食!「8時間ダイエット」のやり方について

ダイエットして理想的な体型を手に入れたいものの、仕事が忙しすぎてなかなか上手くいかない…と頭を抱えてはいませんか?そんな方におすすめなのが8時間ダイエット!辛い食事制限や運動もしなくていいのでストレスなく実践することができますよ。

8時間ダイエットとは?やり方について

8時間ダイエットとは8時間以内に全ての食事を終わらせ、残りの16時間は飲み物だけで過ごすというシンプルなダイエット方法のこと。

私たちの体内では食べ物を消化させる「消化酵素」と新陳代謝を促す「代謝酵素」が作られています。これらの酵素は胃の中に食物が入っている時間帯が長いと消化酵素が優先的に生成され、代謝酵素の分泌量が減少してしまう特徴があるそう。つまり、一般的なライフスタイルのように「朝7時に朝食」→「昼12時に昼食」」→「夜19時に夕食」といったスケジュールで時間をかけながら3食食べていると、胃の中に常に食物が入っているため、代謝酵素が十分に足りず太りやすい体質になってしまうのだそうです。

【8時間ダイエットのやり方】
8時間ダイエットは8時間以内であれば好きなものを食べてOKですが、極端に暴飲暴食をしてしまうと摂取カロリーが多くなり逆に太る可能性があるので適量を心がけましょう。仕事の付き合いなどでランチやディナーの予定が入った時は朝食は食べずに12時から20時に食べるなどその日の予定によって食事時間を上手く合わせるようにしてください。

また、8時間ダイエットは下記の8種類の食材から2種類選んで食べるというルールがあります。そうすることで自然とバランスが整った食事ができると言われています。

・卵、脂質が少ない肉類
・乳製品
・ナッツ類
・豆類
・ベリー(いちご・ブルーベリーなど)
・明るい色の果物(オレンジ・りんごなど)
・穀物(玄米など)
・緑色の葉野菜

8時間ダイエット中に飲んでも良いものは?

残りの16時間の間は水やお茶などノンカロリーのものであればいつのタイミングで口にしてもOKです。むしろしっかり摂らなければ水分不足となり、体調不良を引き起こす危険性がありますのでこまめに飲むようにしましょう。ただし、コーラやジュース・野菜ジュースなどカロリーのあるものは控えるようにしてください。コーヒーはミルクや砂糖を入れなければ飲んでも構いません。

いかがでしたか?8時間ダイエットはあまり難しい減量法ではありませんが、食べられない時間帯も長いため慣れるまでは空腹が辛いと感じることもあるようです。その場合は毎日ではなく週に4〜5回程度に調節したり、時にはご褒美の日を設けるようにすると無理なく続けやすいと思います。ダイエット中の方は是非一度お試しください。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
kurumi
kurumi
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
栄養士。アパレル販売員を経て、2013年より栄養士の資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で執筆中。女性の悩みを解決してくれるような実用的な記事を書いていきたいです。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ