メディア個別 コットンの代わりに◎「ティッシュパック」で手軽に保湿しよう! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

コットンの代わりに◎「ティッシュパック」で手軽に保湿しよう!

空気が乾燥しやすい季節は、お肌の乾燥やゴワつきも気になりますよね。コットンパックをしたことがあるという方は多いと思いますが、「ティッシュパック」はどうでしょうか?コストが掛からず、簡単に保湿出来て、乾燥肌の強い味方になってくれるんですよ!

冬の乾燥肌に!「ティッシュパック」で保湿しよう

肌を保湿したい時、シートマスクやコットンパックをする方が多いのではないでしょうか。毎日パックしたいけどコスト面が気になるという時や、パックで保湿したいけど、シートマスクやコットンを切らしている、なんていう時に活躍するのが「ティッシュ」です。ティッシュで保湿が出来るの?と思う方もいるかもしれませんが、美容家のIKKOさんもオススメしている効果の高い方法なんですよ!

【「ティッシュパック」のメリット】
◎肌に優しい
化粧水をコットンに染み込ませて行うコットンパックは、コットンを何枚かに割いて肌に乗せる為、毛羽立ちやすく、肌が痒くなったりと、肌への刺激になる可能性があります。ティッシュは毛羽立ちもなく、ホコリや繊維が肌に残りにくいので、肌に優しいと言われています。

◎毎日行いやすい
コットンは素材にこだわると、結構コストが掛かりますよね。それに比べ、ティッシュはコスト面を気にせず使うことが出来るし、家にいつでもあるものなので特別に用意する必要がなく、毎日行いやすいんです。

◎短時間で出来るので続けやすい
ティッシュパックは、肌に乗せる時間が短く、短時間で行える為、時間がなくても続けやすいのがメリットの一つです。

手軽に保湿しよう!「ティッシュパック」のやり方

手軽なので毎日続けやすい「ティッシュパック」ですが、正しいやり方で行わないと逆効果になってしまいます!肌をしっかり保湿する為の正しいやり方をご紹介します。

【「ティッシュパック」の正しいやり方】
1. まずはキレイに洗顔をして汚れを落とし、化粧水で保湿する
2. ティッシュを2〜3枚用意し、縦2〜3枚に割いておく
3. 軽く折りたたんで化粧水をたっぷりと染み込ませる
4. ティッシュで顔全体を覆うように乗せる
5. 2〜3分放置したらはがす
6. 最後は乳液やクリームでしっかり潤いを閉じ込める

【ポイント】
・ティッシュを乗せた時、乾きにくくする為にたっぷりと化粧水をスプレーしておくと◎
・パックを行うタイミングは、お風呂上がりやメイク前がオススメです。
・乾燥の原因となってしまうので、ティッシュが乾く程長時間顔に乗せないようにしてください。
・ティッシュがうまく貼りつかない場合は、ティッシュの上からラップを被せるのがオススメです。
・肌の調子が悪い時は、行わないようにしてください。

いかがでしたか?毎日続けやすい「ティッシュパック」で、潤いのある肌を作りましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
Erin
Erin
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること♡ トレンド情報を集めるのが大好きです! オトナ女子の皆さまへ、様々な情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること♡ トレンド情報を集めるのが大好きです! オトナ女子の皆さまへ、様々な情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ