メディア個別 その一杯が口臭の元!? コーヒータイム後の口臭を抑える2つのコツ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「美BEAUTÉ」から提供を受けて掲載しています

その一杯が口臭の元!? コーヒータイム後の口臭を抑える2つのコツ

コーヒーを飲むと口臭が発生すると言われていますが、実際にそう感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。コーヒーを飲むとどうして口臭が発生するのか、そしてどうすれば口臭を軽減できるのかをご紹介していきたいと思います。

コーヒーを飲むと口臭が発生するわけ

まず、口臭が発生するメカニズムの一つとして、口内での菌の発生・増殖があるのだそうです。口臭を発生させる菌は、歯磨きが行き届きにくい歯間や舌などで、食べカスなどを養分に増殖していきます。このとき、養分を分解して発生する揮発性硫化ガスというものが口臭の正体なのだとか。

そして、コーヒーを飲むと口臭が発生するのは、菌が増殖しやすい環境を作り出してしまうからなのだそうです。コーヒーに含まれるカフェインには神経を過緊張の状態にし、一時的に唾液の分泌を抑制する作用があるのだとか。唾液の分泌量が少ないとこうした菌の養分が増えてしまい、口臭が発生しやすい環境になるというわけですね。

そのほか、コーヒーに含まれるポリフェノール・クロロゲン酸にも口臭を発生させる原因があるとされています。このクロロゲン酸には様々な作用がありますが、その一つが胃酸の分泌促進です。胃酸は多く出すぎると、喉から口までこみ上げてきて酸っぱさを感じる(呑酸)ことがあるのだとか。この呑酸が口臭を発生させるのだそうです。

このように、コーヒーに含まれる成分にも口臭を発生させてしまう作用があるんですね。コーヒーを飲むのを控えれば口臭を抑えることが可能ですが、コーヒーなしの生活は考えられない、というような人の場合はどうすればいいのでしょうか。

コーヒーは飲みたい!口臭は抑えたい!

口臭の元となるのは知りつつも、それでもコーヒーを飲みたいという方は、口臭を抑える対策を行ってみましょう。簡単にできる対策を2つだけご紹介します。

【コーヒー後の口臭を抑える方法】
<コーヒーはブラックで飲む>
コーヒーに入れる砂糖やミルクなどは、口臭を発生させる菌の養分となり口臭をさらに強めてしまうことも。コーヒーを飲むのであれば、ブラックコーヒーが一番口臭を最低限に抑えることができるようです。

<水分補給を十分に>
コーヒーを飲むと唾液が不足して口内が乾燥しがちな状態になるので、こまめに水分補給を行いましょう。口臭の発生を防ぐためには、菌の養分となる糖分や乳脂肪分などが含まれていない、ノンカフェインの飲料がおすすめです。水や麦茶などが適しています。

いかがでしたか。コーヒーによる口臭を抑えるには、なんといっても水分補給が大事なのだとか。コーヒーを今後も飲みたいという方は、できるだけブラックで飲みつつ水分補給をしっかりと行うようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
ducks
ducks
記事をご覧いただきありがとうございます! お金をかけなくてもできる美容法に興味津々なアラサー女子です。 気軽に試せる美容法など、どんどんご紹介していきますね☆
記事をご覧いただきありがとうございます! お金をかけなくてもできる美容法に興味津々なアラサー女子です。 気軽に試せる美容法など、どんどんご紹介していきますね☆
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「美BEAUTÉ」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ