メディア個別 何のためにあるの?「鼻くそ」が溜まるメカニズムと効果的な対策は? | 40代からの身近な病気 内容と対策を知っておこう | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「éditeur」から提供を受けて掲載しています

何のためにあるの?「鼻くそ」が溜まるメカニズムと効果的な対策は?

第24回 40代からの身近な病気 内容と対策を知っておこう
見えていたら…どんな美人も台無しにしてしまう鼻くそ。急に量が増えたり、ベタっと水っぽいものだったり、体調によっても鼻くそは大きく変化することがあります。どうして鼻くそはたまるのか? 原因と効果的な対策をご紹介します。

【鼻くそ対策その1】鼻くそって一体なに?

鼻くそとは無縁に見えるどんな美人にも、鼻くそはたまるものです。日々の対策が必要になりますが、そもそも鼻くそはどこからやってくるのでしょうか?

たとえば空気中のホコリなども鼻くその原因になりますし、ホコリや微生物、ダニやウイルスなどが混ざってできた鼻水も、乾燥するとやがて鼻くそになるそうです。

【薄毛が気になりはじめた女性に!】おすすめの簡単な薄毛対策

超意外!? ブーツの臭い対策に××がおすすめ!気になるメカニズムとは

【鼻くそ対策その2】どうして鼻くそがたまるの?

鼻くそは空気の悪い空間にいることでたまりやすくなるそうで、お部屋の掃除をしていなかったり、排気ガスなどの多い道を通ったりすることが多い人は、普段から鼻くそがたまりやすい状況と言えるでしょう。お部屋を清潔に保ち、空気の悪いところではマスクをするなどして、鼻くそがたまりにくい環境にすることをおすすめします。

さらに乾燥が鼻くその原因になることも。鼻の中が乾燥すると鼻水が過剰に出ることがあるため、加湿も効果的な対策と考えられています。また、鼻をいじりすぎると、鼻の穴の入り口付近の皮脂腺から出される分泌液が増えて、鼻くその原因につながるそうです。

風邪を引いたり花粉症の人は、体内のウイルスや菌を排出するため、一時的に鼻水や鼻くそが多くなります。気をつけたいのは、粘り気のある黄色い鼻くそが常に出てくる場合です。副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性がありますので、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。

【鼻くそ対策その3】鼻の穴を掃除しよう!

どのように鼻の中を掃除すればよいのでしょうか?まず、直接指でほじるのは言うまでもなくNGです。鼻の穴の中はデリケートなため、指でほじる行為は爪などで粘膜を傷つけてしまう可能性があります。そして何より、子どもならまだしも、大人が指で鼻をほじるのはいかがなものかと。

綿棒を使った掃除をおすすめします。鼻の穴の入り口から1cm以内を綿棒でなぞるだけで十分鼻掃除ができるでしょう。さらに効果的なのは、鼻うがいです。専用の洗浄液で鼻くその原因になる汚れを落とすことができるそうなので、こちらもおすすめですよ。

清潔な鼻の穴を保って、鼻くそをためないように心がけましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

【薄毛が気になりはじめた女性に!】おすすめの簡単な薄毛対策

超意外!? ブーツの臭い対策に××がおすすめ!気になるメカニズムとは

Text by Yumi

Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ