メディア個別 【パパのためのLINE講座】夫婦編 夫婦仲が良くなるLINEギフトの使い方 vol.26 | モテ系美女がガチ添削!40男の失敗しないLINE講座 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「éditeur」から提供を受けて掲載しています

【パパのためのLINE講座】夫婦編 夫婦仲が良くなるLINEギフトの使い方 vol.26

第50回 モテ系美女がガチ添削!40男の失敗しないLINE講座
たった500円で妻の機嫌がみるみる良くなる魔法のようなプレゼントとして、前回の講座で紹介したLINEギフト。今回は、一番人気のスターバックスドリンクチケットを例に、30代美人妻たちのエピソードを紹介。効果的なギフトの贈り方を考察する。

過去記事はこちらから 【LINE講座】連載記事一覧

ケース1:乳幼児をワンオペ育児中の専業主婦妻の場合

まずは3歳の男の子を育児中の専業主婦妻・ゆかこさん(仮名)。管理職になったばかりのご主人は仕事が忙しく、育児にはほぼノータッチ。それでも夫婦円満でいられる秘訣は、折に触れて贈られる夫からのLINEギフトなのだとか。

「子どもが体調を崩すと、毎回通院をねぎらってLINEギフトを贈ってくれます。病院に付き添ってくれる旦那さんを羨ましく思うこともあるけれど、こちらが大変なのを理解してくれていることが嬉しいです。」

専業主婦なら家事育児を担当するのは当たり前、なんて考え方は過去の遺物。家事育児の苦労を理解し、感謝の気持ちを示すためにも、LINEギフトは有効なようだ。

ケース2:バリキャリ共働き妻の場合

続いては、共働きのバリキャリ妻・まゆさん(仮名)。マンションのローンを折半してくれる頼もしい存在だ。

「朝食は夫が、夕食は私が作るというルールなのですが、急な残業が入るとムリなこともあって。悪いな、って思いながら連絡したときに、逆に向こうから頑張れって声をかけてもらって、すごく愛を感じました。それ以来、夫が遅くなる日には私からもギフトしています。」

急な残業で参っているタイミングで、愛するパートナーからギフトが贈られてきたら…想像するだけでやる気が湧いてきそうだ。よい関係を築き続けるためにも、まずはこちらからギフトを贈ってみよう。

ケース3:母と同居妻の場合

最後は母(妻にとっては義母)と同居中の妻・あみさん(仮名)。結婚以来十数年、母ともうまく付き合っていたが同居となると話は別のようで…

「どうしても困ったときに夫に電話をしてしまったことがあるんです。本当にしんどくてギリギリのときだったのですが、スタバギフトをもらって、ゆっくりコーヒーを飲んで。リフレッシュしたら気持ちも落ち着きました。」

自分にとっては大切な母でも、妻にとっては他人。同居してくれるだけでも、120%感謝し続けるべき案件だ。日々のフォローを忘れず、定期的にLINEギフトを贈ってみてはいかがだろうか。

LINE講座今回のまとめ

一番人気のLINEギフト「スターバックスドリンクチケット」を効果的に贈るために、3名の美人妻たちに実際にもらって嬉しかったエピソードを紹介してもらった。

いずれも、メモリアルデーやイベントなど特別な日ではなく、育児や仕事への労いや、落ち込んだときの励ましなど、日常のさりげないシーンで取り入れられていた。日々のちょっとしたサプライズとしてぜひLINEギフトを活用してみよう。

※名前・アイコン画像はイメージとして作成したものです。 Text by NAG

Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ