メディア個別 今話題のスマートスピーカー(AIスピーカー)で自宅の家電を操作するには専用リモコンが一番便利 | 住まいをもっと豊かにする家具家電 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「éditeur」から提供を受けて掲載しています

今話題のスマートスピーカー(AIスピーカー)で自宅の家電を操作するには専用リモコンが一番便利

第30回 住まいをもっと豊かにする家具家電
一声かけるだけで様々な家電を操作することができるスマートスピーカー。日常生活をより快適にスタイリッシュにしてくれる。しかし、まだまだ対応している家電が多くないのが現状だ。そんな問題をスマートに解決してくれるのが、今話題のスマートリモコン。今回は家電をネットワークにつないでくれるスマートリモコンを紹介する。

スマートスピーカーで家電を操作するためには

スマートスピーカーはWifiなどでLAN接続された機器のみ音声操作可能だ。しかし、日本の家電はwifi接続なしで、赤外線リモコンで操作する機器が多い。だが、そんな家電も音声操作を可能にする方法がいくつか存在する。その方法とメリット、デメリットを紹介しよう。

スマートスピーカーについて詳細を確認

方法1.スマートリモコンを使用する方法

現状もっとも便利な方法と言えるだろう。スマートリモコンは家電をネットワークとつないでくれる優れものだ。ネットワークにつなぐことにより、スマートスピーカーでのテレビやエアコンの音声操作を可能にしてくれる。

メリット

・スマートリモコンひとつで、いくつもの家電を操作することができる。
・赤外線リモコンを使用する全ての家電で、利用することができる。
・スタイリッシュなデザインのモノが多く、インテリアとしても良い。

デメリット

・リモコンを使用しない家電は、基本的に操作することができない。
・登録可能な家電の数が限られている。

方法2.スマートプラグを使用する方法

こたつや照明の場合はこの方法がおすすめ。コンセントに差込プラグとスマートフォンを接続することができ、簡単に電源のオンオフを切り替えることができる。しかし、テレビやエアコンなどの自動電源機能が付いているモノには使用できない。

メリット

・安価なので購入しやすい。
・電力使用量などを可視化できる製品もある。

デメリット

・コンセントを入れるだけで電源が入る簡単な家電でしか使用できない。
・海外製の製品が多く、変換プラグを必要とする場合がある。

おすすめのスマートプラグ

・Meross2ピン スマートプラグMSS110
日本向けの2本差し口の仕様で、変換プラグが不要、日本のコンセントにピッタリ対応できる。さらに携帯アプリでwifiスマートプラグの使用状態をチェックし、電気や家電などを消すこともできる。

・TP-Link WiFi スマートプラグ
こちらも日本向けの仕様で、変換プラグが不要。さらにおでかけモードを搭載しておりHS105をライトにつないで「おでかけモード」を設定すればライトのオン/オフを自動的にしてくれる。ご自宅が無人であることを悟らせないので防犯にも良い。

方法3.スマートライト(電球)を使用する方法

電球なので他の家電には使用できない。設定は簡単だが、普通の電球と比べるとまだまだ価格が高い。

おすすめのスマートライト

「Philips Hue照明」
導入コストは高いが、スマートライトの先駆けとして多く使われおり、安定な動作、多機能な利便性を備えた製品となっている。

「LIFXスマートLED電球」
ライト自体にネットワーク接続機能が搭載されているので、ブリッジなどのデバイスを必要としない。さらに時間に合わせてライトの明るさを調整したり、色を変えたりできる。

「Magic Hue Wifi スマートLED」
こちらもライト自体にネットワーク接続機能が搭載されているので、ブリッジなどのデバイスを必要としない。さらに安価でコスパが良い。

その他の方法:LINE clovaを使う

LINE clovaはスマートリモコンを購入しなくても、照明とテレビを音声操作が可能。しかし、LINE clova対応家電しか操作することができない。LINE clovaに対応しているテレビメーカーと照明メーカーがは以下の通りだ。

LINEのスマートスピーカーについて詳細を確認

LINE clova WAVEに対応しているテレビメーカー

●Aiwa
●Akai
●Byd:sign
●Candela
●Casio
●Dell
●Denon
●Doshisha
●DX Antenna
●DX broad technical
●DX Broadtec
●Dynaconnective
●Eiki
●Epson
●Epworth
●Fujitsu
●Fujitsu General
●Funai
●General
●Goodmans
●Haier
●Hannspree
●Hisense
●Hitachi
●Hyundai
●I-O Data
●InFocus
●J:COM
●JVC
●Kenwood
●LeTV
●LG
●Loewe
●Maruman
●Matsushita
●Mitsubishi Electric
●National
●NEC
●Nexxion
●Orion
●Panasonic
●Philips
●Pioneer
●Pixela
●Polaroid
●Prodia
●RCA
●Remotec
●Samsung
●Sanyo
●Seiko Epson
●Sharp
●Sony
●Sorteo
●Teco
●Toshiba
●TruLuX
●Uniden
●Unitech
●Victor
●Visole
●VIZIO
●Wyse
●XCanvas
●Yamaha

LINE Clovaに対応している照明メーカー

●Doshisha
●日立(Hitachi)
●アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
●Koizumi
●Luminara
●Lutron
●NEC
●オーデリック(ODELIC)
●パナソニック (Panasonic)
●シャープ (Sharp)
●Takizumi
●東芝 (Toshiba)
●Yamada
●Yamazen

おすすめのスマートリモコン

スマートリモコンでぜひ、おすすめしたいのが「RATOC RS-WFIREX4」。こちらの製品はAmazon Alexa /Googleアシスタントと連携しているので、「アレクサ、テレビつけて」や「OK,Google、エアコン消して」など音声で操作が可能になっている。また、テレビのチャンネル・音量を変えるなどの細かい指示を出すことができる。専用アプリは日本製なので面倒なエラー等もなく、簡単に設定できるのも特徴だ。価格も約7000円と安く、ほとんどの家電がプリセットされているので、画面から選択するだけで使えるのも嬉しい。

「RATOC RS-WFIREX4」に対応しているスマートスピーカー

・Amazon Echo
・Google Home
・SONY SL-S50G
・JBL LINK10

ソニーが発売するスマートスピーカーを詳しく確認

RATOC RS-WFIREX4でできること

・テレビの電源ON・OFF /チャンネル変更 /音量調節
・照明の照明ON・OFF /明るさ調整
・エアコンの電源ON・OFF /温度調節 /モード変更
・レコーダー、プロジェクター等のリモコンがある家電の電源ON・OFF

Google Homeについて

Google Homeに搭載されている「Googleアシスタント」が機器とつながり操作可能とするので、Google HomeにかぎらずGoogleアシスタントが搭載されている製品が、スマートホームハブとなりえる。
また、Chromecastでテレビをネットに接続すれば、声だけで、「GoogleHome▶Chromecast▶テレビ」と情報が伝わって、各種動画サービスを操作できるようになる。

Googleのスマートスピーカーについて詳しく確認

その他おすすめのスマートリモコン

ここまで「RATOC RS-WFIREX4」について紹介してきたが、おすすめのスマートリモコンは他にもある。それぞれ特徴を簡単に見ていこう。

LS Mini

・温度、GPS情報、日時指定、照度センサーを利用した自動制御
・環境最適化AIを用いたエアコンの自動制御
・Google Homeからマクロ含めた様々な音声操作が可能
・スマートロックスやマートカメラなどと連携可能
・これら高機能搭載ながら、驚きの5,980円の最強のコスパ

sRemo-R,sRemo-R2

・照度、温度、湿度を使った自動制御が可能
・Google Homeからマクロを含めた様々な音声操作が可能
・IFTTT連携でGPS連動等も可能
・設定手順が簡単
・機能豊富ながら低価格

Nature Remo

・Google Homeでは、スマートホームデバイス操作やアクション呼出操作、IFTTT経由操作の現状可能な3つの操作方法全てに対応
・GPS連動や人感センサー、温度センサーなど多彩なセンサー活用した自動制御も可能
・少し高価ではあるが、それに見合った高機能な製品

Magic Cube

・Google Homeにスマートホームデバイス認識型で対応していて、シンプルな音声操作が可能
・デザインアワードを受賞した、スタイリッシュさが魅力

その他おすすめの「スマート〇〇」商品

日々、日本のスマートホーム化は進化している。これからさらに、スマートホーム製品は増えていくだろう。その中で、現在商品化しているスマートホーム製品を一部ご紹介しよう。

スマートカメラ

「+Slyleスマートホームカメラ」は、屋内や屋外に設置しChromecastと連携することで、映像確認が可能になっている。もちろん出先でスマホから確認も可能。
動き・音の感知をして通知をしてくれる機能もあるので、防犯目的や、赤ちゃんの見守り目的としても役に立つ。

スマートロック

「セサミスマートロック」は、カギの使用や持ち運びを無くし、スマートフォン等で身軽にロック状態を管理できるスマートロック。音声操作にも、もちろん対応している。鍵の個数は限られているが、複数人で鍵を管理しないといけない場合などにとても便利。

スマート加湿器

「Oittm 大容量スマート加湿器」は、スマホ操作はもちろん、音声操作にも対応。加湿器自体の性能も高く、大容量3Lの容量ながら本体はスリム、超音波式、静音で電気代も安い。スケジュール実行等もしてくれる優れもの。

スマートスピーカー「Amazon Echo(Alexa)」の音声操作一覧

スマートスピーカー「Amazon Echo(Alexa)」は電源オンオフのような単純な操作から、テレビのチャンネルを変えるなどの少し複雑な操作も可能になっている。実際、どのような音声操作があるのか見てみよう。

スマートホームスキル(できることが単純な電源オン・オフ等に限定)

「エアコンつけて、消して」
「テレビオン、オフ」
「ライト、つけて、消して」など

カスタムスキル(細やかな設定をして操作することが出来る)

「暖房(冷房)〇度にして」
「家電リモコンで◯チャンネルにして」
「リブスマートで音量を◯あげて」など

IFTTT(自分の好きな言葉を決められるが語尾にトリガーと言わなければならない)

「フジテレビにしてトリガー」
「寝るときはエアコントリガー」など

Amazonのスマートスピーカーを詳しく確認

※画像はイメージであり、紹介している商品とは異なります。

Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ