メディア個別 モバイルバッテリーを飛行機内へ持ち込みするときの方法と注意点 | 住まいをもっと豊かにする家具家電 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「éditeur」から提供を受けて掲載しています

モバイルバッテリーを飛行機内へ持ち込みするときの方法と注意点

第39回 住まいをもっと豊かにする家具家電
海外旅行にモバイルバッテリーがあると大変便利である。旅行では観光のため普段より多くの時間歩き、地図アプリで道を検索し、写真や動画も撮る。スマホの充電残量はその分速く消費されるはずだ。そこでモバイルバッテリーがあると観光しながら充電することができる。ただ海外へ持ち込めるモバイルバッテリーには制限があるため、機内に持ち込めるモバイルバッテリーはどういうものなのか、正しく把握することが大切だ。

モバイルバッテリーの飛行機内への持ち込み規定

モバイルバッテリーには様々な種類が存在し、商品ごと、メーカーごとに特徴が異なる。多くの充電式のモバイルバッテリーが「リチウムイオン電池」「ニッケル水素電池」である。機内に持ち込めるモバイルバッテリーはそのバッテリー容量に上限が決められており、国土交通省が定めている。
・乾電池
・ニッケル水素電池
・ニカド電池
の3種類は「非危険物」とされており、機内への持ち込みもお預けも可能である。
リチウム金属電池は種類によって規制が異なり、以下のとおりである。

機内への持ち込み規定は各国の航空会社によっても異なる

また細かなモバイルバッテリーの持ち込み制限は航空会社によって基準が異なるが、中国以外の航空会社はどこも同じような基準を設けている。中国の航空会社は制限が厳しい。
また会社によっては上記リチウム含有量での制限以外にも電力(Wh)の制限も存在する。

モバイルバッテリーの飛行機内への持ち込みは『手荷物』で行う

飛行機に乗る際にスーツケースを預け入れ荷物にする方が多い。その預け入れする鞄やスーツケースの中にモバイルバッテリーを入れてはいけない。X線検査で破棄されるか、そのスーツケースを飛行機に載せてもらえない可能性がある。モバイルバッテリーは国内線・国際線問わず「手荷物」として機内に持ち込むということを覚えておこう。

機内への持ち込みに制限がかかる理由

規定がある理由は発火の危険性があるからである。実際に2016年8月に乗客のモバイルバッテリーが突如発火して緊急着陸したという事例が存在する。この2016年の事例を機に「国際民間航空機関(ICAO)」が、旅客が受託手荷物にリチウムイオン電池を預け入れることを禁止すると正式に発表している。

モバイルバッテリーをチェックするタイミングは保安検査のとき

バッテリーの持込検査が行われる場所は各空港の「保安検査場」である。中でも中国の保安検査ではかなり細かく持込の携帯バッテリーの検査が行われる。規定範囲外のバッテリーや容量の分からないものは容赦なく没収されてしまう。保安検査員への異議申し立ては推掌できない。ルールを無視したと判断され、最悪の場合、特別室に通されてしまう可能性がある。

容量がわからないモバイルバッテリーの計算方法

モバイルバッテリーの出力はA(アンペア)で表記されていたり電力(Wh/ワットアワー)だったりする。アンペアのみの表記でワット数が分からない場合は以下の計算式で求めることができる。

Wh(電力)=V(電圧)×Ah(バッテリー容量)
※電圧はリチウム電池の場合はだいたい3.7V固定

モバイルバッテリーに書かれた電池容量は単位がほとんど「mAh(ミリAh)」なので、1,000で割って「Ah」に直してから上記計算式に代入する必要がある。

Ah=mAh÷1000

モバイルバッテリーを飛行機内へ間違って持ち込みしたときの対応

では意図せずにモバイルバッテリーを持ち込んでしまった場合の対応を紹介する。

預け荷物へ入れっぱなしにした場合

まず預け荷物へとモバイルバッテリーを誤って混入させてしまった場合、チェックイン時に係員が、気がつくかどうかで対応が変わる。

チェックインで係員が気づいたとき

保安係員が気づいてくれた場合、別室に呼ばれて「バッテリーが入ってないか?」と探すように指示される。そこで見つけて、機内持ち込みに変更をすれば問題ない。ただチェックする際に一度荷物を開ける必要があるため、もう一度セキュリティーチェックを受ける必要がある。再度チェックイン入口の機械に通しシールも貼り直してもらい、チェックインカウンターで預け直すという手間がかかるのだ。ただ安全を考えると仕方がないことだろう。

チェックインで係員が気づかなかったとき

奥のセキュリティー検査にてモバイルバッテリーが発見されるため、荷物を開けられ廃棄となる。モバイルバッテリーは手元に戻ってこないので注意が必要だ。

機内持ち込みで容量オーバーした場合

容量が大きすぎた、持ち込める個数以上のものを持っていた場合には残念ながらその場で廃棄されることが多い。ただし没収以外の罰則は特にない。

飛行機内への持ち込みができるモバイルバッテリーの選び方

機内持ち込みができるモバイルバッテリーの条件としては以下3点を守ることが大切だ。

1.電力のWh(ワットアワー)が本体に表記されているモバイルバッテリーを用意
2.25,000mAhを超えない容量のモバイルバッテリーを用意
3.機内持ち込みのモバイルバッテリーは1人2個まで

注意点として、格安航空券を利用する場合、中国の空港を経由することがある。この際モバイルバッテリーが中国基準にて検査されてしまうため、もっとも厳しい水準に合わせてモバイルバッテリーを選んでおくとよい。

機内への持ち込みができるモバイルバッテリーのおすすめ

・Anker「PowerCore Fusion 5000mAh」
・Anker「Astro E1 5200mAh」
・Anker「PowerCore Speed 10000mAh QC」
・Anker「PowerCore 20100」
・Poweradd「Pilot X7 20000mAh」
・CXLiy「モバイルバッテリー 大容量 24000mAh」
・cheero「Power Plus 3 13400mAh」

上記のモバイルバッテリーは機内持ち込みが可能なモバイルバッテリーである。

変圧器つきの電源プラグ

・ElectricalLand「Daffodil WAP150 海外旅行用変換プラグ」
・BESTEK「海外旅行用USB充電器 4ポート 5.2A 100V-240V対応 変換プラグ三つ付き」

関連リンク:自分にあったモバイルバッテリーを探す

※画像はイメージであり、紹介している商品とは異なります。

Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
Webメディア「éditeur」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。一部コンテンツは、「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。

あなたにおすすめ

ピックアップ